殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Monthly Archives: 7月 2010

You are browsing the site archives by month.

24エスケープ(2004/アメリカ)

24 ESCAPE [DVD]
24 ESCAPE [DVD]
mobile24 ESCAPE [DVD]

「24時間生き残ること。報酬は240万ドルの現金」
ラスベガスの会員制高級カジノクラブ、“カジノタワー”で、ジョセフという男から持ちかけられた「命を賭ける」最大のギャンブル。リムジンの運転手をしているソニーは、カジノで作った莫大な借金を抱えている。借金取りのサルバトーレからは女スナイパーを差し向けられて命を狙われる始末だ。ソニーには逃げ場もなければ失うものもなかった。条件は15分のハンディと、24時間、最後の1秒まで生き残ること。乗るか、このまま借金を抱えるか。答えは出ていた。


アルバトロスはなかなかあなどれないよ!
カメラワークなんかはいかにもテレビ映画らしい仕上がりなんですが、それでも思いのほか迫力がありました。
文字通りのノンストップアクションですな。
キャラクターの紹介に無駄に時間を割く事もなく、テンポがよくて見やすいのもイイ。

発端はラスベガスですが、最初と最後以外は田舎町で展開するあたり制作費節約のコツをよく心得てるんだなあと(笑
そういう意味でも、全体の雰囲気が非常に「作り慣れてる」感じで安心して楽しめました〜
ただ、個人的には賞金稼ぎの女の存在に違和感を感じる。
主人公もそれでいいのか。それ絶対吊り橋理論だよ。というかその女よりも友達を大切にしてあげようよ。
もう、これだから「主人公は絶対に誰かとくっつけて最後はキスで締めないと気が済まない病」患者というやつは…!!

でもなんだかんだでかなり気に入りました。
この絶対的な安定感と、B級らしい親しみやすさの融合は素晴らしい。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コモド・リターンズ(2003/アメリカ)

コモド・リターンズ [DVD]
コモド・リターンズ [DVD]
mobileコモド・リターンズ [DVD]
あらすじ:

ホノルルの南500kmに浮かぶダマス島を舞台に、米海軍の“極秘計画”により遺伝子操作されたコモドオオトカゲが、再び人類に恐怖をもたらす。


さりげなく『再び』とか言ってますが、1999年の映画『コモド』とはまったく関係ありません。
リターンズでもなんでもありません!

それはさておき、ストーリーの分かりやすさと内容豊富さは個人的に好きです。
沖合の孤島・そこに取り残された少数の人々・軍の実験によって巨大化した怪物・近づきつつある大嵐・逃亡中の強盗殺人犯…
どうですこの詰め込みっぷり。ワクワクするでしょう?

いろいろな要素を詰め込んである割にはこぢんまりとした印象の映画なのですが、緩急の付け方が上手くて観やすい。
コモドさんの唾液に触れて最近感染を起こした人間は何故かゾンビ化するというどう反応したらいいのか分からない設定もなんか好き。
証拠隠滅の空爆とやらが「隠滅する気ないやろ?正直に言うてみ?」というレベルなのもステキ。

なにより、フラグを立てたら即!回!収!の心意気やよし。

コモドさん自体の出来(CG)は、正直悪くはないと思います。ウロコがちゃんとウロコっぽいのも評価できます。
ただいかんせん動きが「やる気あんのかてめえ!」と叫びたくなるレベル。
コモドさん……なぜ堂々たる体躯のあなたがそんな風にドッテンドッテン走るのですか…。
なぜ口の先2メートルの距離にいる人間を食らうそぶりもなく、仁王立ちで何百発もの銃弾を食らってらっしゃるのですか…。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ドット・ジ・アイ(2003/イギリス、スペイン)

ドット・ジ・アイ [DVD]
ドット・ジ・アイ [DVD]
mobileドット・ジ・アイ [DVD]

ロンドンに暮らす美しいスペイン人美女カルメンは、郊外の邸宅で優雅な生活を送る優しい恋人バーナビーにプロポーズされ、承諾する。ある夜カルメンは、女友達だけで独身最後のパーティを開いた。そしてパーティの決まりに従い、その場にいる一番セクシーな男性とキスすることになった彼女は、ビデオカメラを手にした青年キットを選ぶ。ゲーム気分の気楽なキスのはずが、唇を重ねた瞬間、彼女はキットこそ運命の男だと確信してしまう。やがて、何かに導かれるように再会する2人だが……。


カルメンは美人だしキットは男前だなあ。
彼女の短気なキャラは可愛いんだけど感情の起伏が激しすぎてポカーンとすること数回w
あと肋骨!肋骨!なめらかな肌!肋骨!!

どんでん返し系であることは知っていたので、前半はひたすらオヤクソク的な恋愛映画路線でいくのかなーと思っていたら結構おもしろい展開で見やすかったです。
三角関係の合間にミステリの片鱗をみせてみたり、青春ぽいシーンと音楽(爽やかでよかった!)を挟んでみたりとくるくる変わる表情が実に楽しい。
ときどき挿入されるビデオカメラの越しの映像、別の時間と視点の映像に「なんだ?」と思っているうちにあっという間に映画の世界に引きずり込まれてしまいます。
後半のネタばらしはちょっと説明臭くて小説でも読んでるような感覚になるかなあ。
ラストはまあ爽快といえば爽快…だろうか…。
まさに「計画通り!」ですね。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ジェヴォーダンの獣(2002/フランス)

ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション [DVD]
ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション [DVD]
mobileジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション [DVD]

全体的にマニさん無双
そして割となんでもあり。
最初からアクション映画アクション映画…と思いながら見ると後半で「なにこれ…」ってならなくて済みます。

最初から最後まですっごいカッコいい映画でした!
特に覚醒した主人公の強さが半端じゃなかった。
視覚的にだけじゃなくて、ストーリーも面白かったです。結構トンデモ系でびびったけど…。
あと娼婦の姐さんがかっこよくて美人で美乳で最高でした。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

マインドハンター(2004/アメリカ)

マインドハンター [DVD]
マインドハンター [DVD]
mobileマインドハンター [DVD]

FBIの心理分析官(プロファイラー)を目指す、7人の訓練生。彼らが教官に連れてこられたのは、ノースカロライナ沖の無人島だった。軍の特殊訓練施設で、教官が仕組んだ連続殺人犯をプロファイリングし、犯人を暴くのが最終試験なのだ。翌朝、さっそく捜査のシミュレーションが開始された矢先、第一の罠にハマッた仲間が無残にも殺されてしまう。訓練生たちは状況を受け入れられずパニックに陥るが、犯人は次の殺人予告まで残していた・・・。


ディープブルーのコックさんだー(゜∀゜)この人の笑顔なんか可愛いよね。
しかし彼は丸顔の童顔に似合わずものすごい筋肉してらっしゃいます。

まず音楽やカメラワークがスタイリッシュです。
さすがレニー・ハーリン監督、わくわくするようなカッコいい見せ方が上手!
それ以外でも不覚にもびくっとしてしまうような演出があって、ホラーとしても面白かったです。
個人的にニコールの死に方が結構キたなあ…。
それ以上に、教官が操り人形みたいに吊るされてるシーンは軽くトラウマになるレベル。

死因は偶然と思いきや「それぞれが持つ特徴・弱点」が原因の必然である」という設定も上手い。
これちゃんと心理分析官の設定が生かされてますよね。
でももうちょっと一人一人の掘り下げをしてほしかったかも。特に金髪の男性ですけどコーヒー好きなんていう言及ありましたっけ?
前半の分析は皮肉の応戦とみせかけて、がっつり伏線になってた訳ね。

もちろん映像だけじゃなく、ストーリーも練られててかなり面白い!
話の肝になっている犯人捜しの部分なんて、最後の最後まで誰だかわからなかったです。
なんだ、やっぱり一番怪しいのが犯人か、なんて思ってると次のシーンでさらっと裏切られたり…。
二転三転どころか四転五転する状況についていけなくてただただ「ええええええええ」となるばかりでございました。この映画単純におもしろいー!!
これぞサスペンスの王道ですね!出来のいい作品を見ると幸せになるねえ。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ゴッド・ディーバ(2004/フランス)

ゴッド・ディーバ リミテッド・エディション [DVD]
ゴッド・ディーバ リミテッド・エディション [DVD]
mobileゴッド・ディーバ リミテッド・エディション [DVD]

2095年、人間やミュータント、エイリアンなどが暮らすニューヨークで、頭は鷹、首から下は人間という神・ホルスが、他の神々から死刑を宣告される。残された時間で、青い髪の女・ジルを探すように言い渡された彼は、人間の姿に変身し、街に降り立つ。


んっと、これコメディ映画?違う?
序盤に登場するアヌビス、バステト、ホルスがもうすでに面白くて大笑いしてしまったのですが。
メインキャラクターの3人以外はすべてがCGという映画なのですが、今観るとなんとも失笑。多分当時は斬新で素晴らしかったのだと思う。
こういう小手先の映画は色褪せるのも早いね。

『アート』を全面に押し出した映画で、メッセージ性もあるんだけど大変読み取りづらい仕様になってます。
かといってじっくり向き合うにはあまりにも人を選ぶ内容なので、ほとんどの人は「結局なんだったんだろう」で終わっちゃうんじゃないかなー。

トランプしてるアヌビスさんとバステトちゃんが大変可愛らしかったです。
ちなみにホルスさんはただのレイプ魔です。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ