殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Monthly Archives: 12月 2010

You are browsing the site archives by month.

ステイ(2005/アメリカ)

ステイ [DVD]
mobileステイ [DVD]
ステイ [DVD]

精神科医のサム・フォスターは、若い男性患者ヘンリー・レサムを担当し、ヘンリーは自分は3日後に自殺すると予告。そして、サムには元患者で自殺未遂を起こしたライラというガールフレンドがいる。サムは彼女へ結婚指輪をずっと渡せないままいた。ヘンリーはその指輪に異常な興味を示し、ライラもまた、自殺願望のあるヘンリーに深い関心を持っていた。ある日、ヘンリーが姿を消し、サムは必死にヘンリーを探すが…。


倒錯した世界を見事に描き出す映像美に引き込まれる。

2週目は切なさ5割増。
劇中にたびたび出てくる「不思議な・支離滅裂なセリフ」の謎もとけ、何度かウッ…(´;ω;`)となりつつも耐え切……れなかった!!最後の最後でめちゃくちゃ泣いた。
心構えはできてたけどやっぱり無理だ…。
最後に聞いた「あなたは悪くない」で彼は少しでも救われたのかなあ。

謎解きをしようと思っても、よほどカンのいい人でないと真相には気がつかないと思います。
禁断の多重人格オチ…ではないですが、どっちにしてもミステリとしては禁断かも。
2回目に見ると、ああ確かにこれはヒントだね!と思える描写もあるにはあるものの、自力で謎解きできたらすごい!
ご覧になる際はぜひ主人公(サム)のズボンの丈にもご注意いただき、その理由も考えてみてください。(ここ、意外と見落としそうなポイントだと思う)

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ホットファズ:―俺たちスーパーポリスメン!(2007/イギリス)

ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [DVD]
ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [DVD]
mobileホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [DVD]

エリート警官のニコラスは仕事が出来すぎるため、事件など起こったことのない愛らしくて平和な田舎町に左遷されてしまう。そんな田舎町に謎の殺人事件が次々と起こった。事故だと主張する同僚たちをよそに、新たな相棒・ダニーとともにニコラスは犯人に立ち向かう…。


ショーンオブザデッドで見せてくれたセンス&テンポのよさは健在だった…!
無駄なところで惜しげもなく使用されるスタイリッシュな映像も、伏線回収のうまさも同じく。
もうとにかく最初から最後まで小ネタ大ネタいっぱいで、終始ニヤニヤさせられたり笑わせられたり…でした。
映像演出でみせる一発ネタからセリフ回しまでほんとなにもかもがおかしい。
しかも一個いっこがサラっとしてるのがまたうまいなー!と思う。笑いたい人は笑えばいいし、笑えなきゃそれでいいよ、みたいないさぎよさを感じます。
一番ツボで巻き戻してまで見直してしまったシーンは(よりによって言葉では説明しづらいシーンなんですが)二人組の刑事が主人公を睨みながらフェードアウトしていくところ。まさか戻ってくるとは思わなくてリアルに噴き出してしまった。

ショーンもこの作品も「こういうジャンルの映画」のお約束をきちんと踏襲しているところがイイ。
ジャンル全体のパロディという風にもとらえられますね。
「あるある」展開をこうもウィットに富んだ視線でいじり倒してネタにしちゃってるのはイギリス映画ならではなのかも。
芯がしっかりしてるので、コメディコメディしてるのに悪ノリしすぎてる感がなくてすごく見やすいです。ただのバカ映画に終わらないとこが好きだー。
そうそう、ショーンのセルフパロみたいな展開もあってニヤリとさせられました。別のシーンではDVDのパッケージが一瞬映るし。

NGシーンも大変面白かったです。なにが面白いって、ほとんど役者が笑っちゃってNGになってるところ。
作ってる側も楽しんでるから楽しいものができるんだねー。
ショーンのときも思ったけど、サイモン・ペグ、笑い上戸っぽいな。
よく笑わないでやってられるな、と思うシーンが多いのは確かなんだけどw
それにしても主役2人の小学生男子のような無邪気な仲良しっぷりが微笑ましい。

これはほんとカラっと笑えてオススメです。
ただ意外と(文字通り)出血大サービスしてるので、そういうのが本当に苦手な人にはキツいシーンもあるかな。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

PUSH 光と闇の能力者(2009/アメリカ)

PUSH 光と闇の能力者 [DVD]
PUSH 光と闇の能力者 [DVD]
mobilePUSH 光と闇の能力者 [DVD]

国家によって育成されてきた特殊能力者たち。念動力のニック(クリス・エヴァンス)もその一人。
ある日、ニックのもとにウォッチャー<未来予知力>のキャシー(ダコタ・ファニング)が現れ、能力者たちを監視する謎の政府機関“ディビジョン”から脱出したキラ(カミーラ・ベル)という女性を探し出すのを手伝って欲しいと頼まれるのだが…。


最後の丸投げ背負い投げっぷりがひどい。
制作側が途中でどうでもよくなったんじゃないか…?とすら思いましたよ、正直!

特殊能力モノ好きなので期待してましたが、ちょいがっかりな感じでした。
そもそも能力の内容がよく分からないキャラクターが多い。
誰がどんな能力を持っているのかもいまいち不鮮明。肝心の部分についての説明が甘いような?
どういうことなの…と思う所がありすぎて、物語に入り込めませんorz

いろいろ詰め込みたいならドラマとか前編後編に分けるとかでちゃんと書き込んでほしかった。
大筋と設定は面白いと思うんですが、どうしてこうものべーっとした脚本になってしまったんだと小一時間問いつめたい。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

アイ,ロボット(2004/アメリカ)

アイ,ロボット [Blu-ray]
アイ,ロボット [Blu-ray]
mobileアイ,ロボット [Blu-ray]

2035年のシカゴ。ロボットは人間の日常生活に欠かせない存在となっており、人間とロボットの共存は、3原則によって守られていた。
一. ロボットは、人間に危害を加えてはならない。
一. ロボットは、人間から与えられた命令に服従しなければならない。
一. ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。
ある日、ロボット開発の権威である科学者が謎の死を遂げる。その死にロボットの関与を疑ったスプーナー刑事は、ロボット心理学者カルヴィン博士の協力のもと、その謎を究明していく。そして、想像を絶する恐ろしくも巨大な陰謀に巻き込まれていくのであった……。


ストーリー的にはありきたり感は否めないのですが、登場するロボット――NS-4やNS-5、なによりサニーの魅力がそういった凡庸さを安定感へと昇華してくれている。
また、ともすれば低年齢向けの作品になってしまいそうなところを、テーマの軸をしっかりと据えることで人を選ばない映画になっているなと思います。
とっつきやすくて、スピード感があって、キャラクターも魅力的とくれば何度も観たくなってしまう訳にも納得。

人間は機械を擬人化したがる。
あたかも心があるかのように扱いたがる。
なのにいざ機械が“心”を保った時、人間は突如として笑みを消す。
あたかも“心”を失ったかのように。

人間は結局人間を支配したいのかもしれません。
この映画に登場するロボットの、人間に似ているけれど人間の領域を侵犯しない造形にもそのことが現れているように思う。

“彼女”が導きだした結論はもしかすると正しいのかもしれない、そんなことを考えてもみたり。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

DOOM ドゥーム(2005/アメリカ、チェコ)

DOOM/ドゥーム [DVD]
DOOM/ドゥーム [DVD]
mobileDOOM/ドゥーム [DVD]

考古学と遺伝子に関する研究が行われている火星の研究所で、研究員たちとの連絡が途絶える事態が発生。海兵隊RTTS(緊急対応戦略部隊)に所属するサージ(ザ・ロック)、リーパー(カール・アーバン)ら精鋭8人が火星へ赴き、研究所に潜入する。しかし、そこで彼らが目にしたものは、人間とは程遠い巨大なクリーチャーだった…。

原題:DOOM

めちゃめちゃ有名なFPSゲームが原作とのことですが、そちらは知らないのでオリジナルな気持ちで楽しみました。
そしたらなんか、意外と原作に馴染みのない人の方が楽しめそう…?
というのも怪物が出てくるまでがすごく長いんです。
私はゲームの内容を知らないから何が飛び出してくるのかと楽しみでしたが、内容を知ってる人だとこのドキドキがヤキモキに変わりそうだなって思った。

みんな見事にバラバラで個性的な性格の海兵隊たちが魅力的。
しかもそれ自体が伏線だったとは驚き(それぞれの正確に着目してみると後半からの展開がより面白いかもしれない)。
なかでも面白黒人ポジションのデュークが好きでした。
普段はヘラヘラしてるけどやる時はやるっていうギャップがかっこいい…!

そして多分一番の見所?であろう、主人公目線のシューティング画面。
これがすごく臨場感あって目が離せなくなりました。ここだけでも大画面で観たかったくらい!
原作知ってる人ならもっと燃えるんだろうなあ。羨ましい。

欲を言えばもっと要所要所にこの視点があっても良かったかなあと思う。
素晴らしくかっこいいだけに全編通して1カ所だけ、それも5分程度の短時間ではもったいないです。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ダークナイト(2008/アメリカ・イギリス)

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]
【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]
mobile【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]

ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。
ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。

この街を守るのは、バットマン(クリスチャン・ベール)。
彼はジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。
それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。
新任の地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)だ。正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。

遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。
開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェル(マギー・ギレンホール)を次のターゲットに選ぶジョーカー。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった。


えー、観るまで当然のように『Dark Night』だと思っておりました。
「バットマン…ってなんぞや。名前だけは聞いた事あるようなないような?アメコミだっけ?」…という作品知識皆無の私でもお話的に置いてけぼりにされることもなく、最後までちゃんと見られました。
わかりやすくて親切な脚本になってると思います。

頭の悪い私にはこの作品に込められたメッセージ性を拾い上げることはできませんでしたが、もうひたすらジョーカーがかっこいいのでそれでいいじゃないか(*´д`*)
飄々とした態度とガチキチっぷりがすてきですね。言動のひとつひとつがまさに外道で素晴らしかった。ナース服を「いや、これ全然そういうのじゃないんで。私服なんで」とばかりにさらっと着こなしちゃう彼が好き。
あと手のラインがきれいだった。

しかし正義の気違いと悪の気違い、どちらがより怖いかっていうと、個人的には正義の気違いだなあと思う。
わからない(理解できない)のはどっちか? これもやっぱりバットマンの方だ。
二人とも歪んでねじれていることに変わりはないけれど、バットマンのねじれ方は『クラインの壷』のようだ、と思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ミラーズ2(2010/アメリカ)

ミラーズ2(前作「ミラーズ (完全版)」付) (初回生産限定) [DVD]
ミラーズ2(前作「ミラーズ (完全版)」付) (初回生産限定) [DVD]
mobileミラーズ2(前作「ミラーズ (完全版)」付) (初回生産限定) [DVD]

父親の勧めでビルの夜間警備員として働くことになったマックス。ある夜、彼は勤務先で鏡に映る不気味な少女を目撃する。以降、そのビルで働く社員が何者かに惨殺される事件が立て続けに発生。自分の家族に危険が迫っていることを知った彼は、謎の解明に奔走し、ある少女失踪事件と一連の事件が関係していることを突き止める。そして、ビル設立の背後に隠された恐ろしい真実を知ることに……。


言いたいことがあるならはっきり言えよ!!陰険すぎるだろ!
…って叫びたくて仕方がなかった。そんなんだから殺されるはめになるんじゃないの。
このテの「なんか助けてほしいことがある幽霊」ってなんでして欲しいことを直接伝えないわけ?といつも思う。

「ミラーズ」の続編ですが、前作とのつながりはないしキーファー・サザーランドも出てきません。
こちらは鏡というアイテムを活用できていないように感じる。ミラーズの続編として作る必要性はなかったのでは?
物語の方向性も大きく異なるので、あらかじめ「全くの別作品である」ことを頭に入れておいた方がよさそうです。
前作とは別物のスプラッタホラーとして観ればそこそこ楽しめる。

前作同様、ゴア描写には気合いが入ってます。鏡をバリバリ噛み砕くシーンが一番好き。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ストレンジャー・コール(2006/アメリカ)

ストレンジャー・コール [DVD]
ストレンジャー・コール [DVD]
mobileストレンジャー・コール [DVD]

彼氏と親友ティファニーの浮気を知り、怒りが収まらない女子高生のジル。彼女はある夜、アルバイトのベビーシッターとして人里離れた丘の上に立つ豪邸へとやって来た。基本的な説明を受けた後、家主たちは外出。ジルは大きな家の中、一人留守を預かることになる。静寂の中、リビングでくつろぐジル。するとそこに不思議な無言電話かかかってくるようになる。ジルが電話をいぶかしんでいると、突然ティファニーが屋敷を訪ねてきて…。


1979年制作の『夕暮れにベルが鳴る』のリメイクで、都市伝説を題材にした映画。

登場人物が少ないうえ、物語の9割9分が屋敷の内部だけで進むため折り返し地点あたりで飽きる。
それも山場らしい山場もなくただ主人公が無言電話に怯えてるってだけだからなおさら…。

なんとなく『スクリーム』っぽい空気感ですが、こちらは犯人探しができるタイプの映画ではありません。
っていうか喧嘩中も親友も彼氏も本筋にまっっっっったく関係ないし。
通りがかりのサイコパスに翻弄される主人公のお話なので推理しながら観てると肩すかしを食らう事間違い無し。

ラストバトルおよびジルの反撃は見所もありましたが、80分以上に及ぶ『溜め』に釣り合うほどではなく。
一番印象的だったのは飼い猫がカナリアむさぼり食ってるシーンでした。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ