殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Monthly Archives: 5月 2014

You are browsing the site archives by month.

うさぎ

うさぎがこんなん
luco115-2
なってたので今年初クーラーつけました。

ほんの数日前まで暖房で保温保温だったのに頭おかしくなりそう(身体も)
困ったのは2階の自室が超暑いこと! そのムシムシ具合たるや、リビングの比ではありません。
ところが内部にカビが生えてしまっているためエアコンを作動させられず、今晩どうやって寝ようかなあと途方に暮れているところです。
うさぎと一緒にリビングで寝るか…

luco144
luco163
今日もメシがうまい!

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

シャーク・アタック!!(2011/アメリカ)


海底地震により、地底で眠っていた“スーパーシャーク”が覚醒。水中だけでなく陸上でも猛威を振るう巨大生物に、海洋生物学者のキャスリーンは米軍と共に撃滅作戦を展開するが…。

原題:SUPER SHARK

これはすごい。ありえる箇所が一つもない。
なにか一つくらいはあるだろうと探してみたけどマジでなにもない。
さすがはB級Z級映画の巨匠と名高いフレッド・オーレン・レイ監督の作品やでぇ…とわたくし感嘆するばかりでございます。

それでも「ありえなくて面白い」まで昇華できていればそれはそれで名作になり得る余地もあるのですが…。
突き抜けるとこまで行っちゃえばいいものを、変に生真面目さを残しちゃってるのがダメダメです。
こんな映画で恥じらいを残してどうする!何もかもかなぐり捨てろ!

e0034633_133237

3ff1997504cc4efab1a9353e64768b82
おすすめは水着美女がいっぱい出てくるところですね。彼女らを目当てにするなら悪くはないです。きっと長年の経験から露出っぷりのいい女優さんを捕まえる術に長けているのでしょう。

08
mtiAbq7pU71dk4uuLeoAlagvfyv
あ、あと絶妙にダッサイ四足歩行ロボも大好きです!

1435531__super.shark.2011.x264.bdrip.720p_077241_17_19_07_
あくまでもサメ映画としてサメだけを見たいのよ!という方は予告編だけチェックしましょう。そこにすべての見所が詰まってます。レンタルはしなくておっけー★

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

DSC_7680

DSC_7698
そろそろ風呂に入れねばなりません

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

シャークネード(2013/アメリカ)


太陽が照りつけるカリフォルニアのビーチは、いつもの賑わいを見せていた。一方、史上稀にみるハリケーン“デビッド”がメキシコ沖から急速北上。急激な海流の変化で、突如としてサメの大群がビーチに現れる。サーファーのフィンは、サメの出現にいち早く気付き人々を避難させるが…。

原題:SHARKNADO

飽和状態の鮫映画界(?)は発想勝負が目立ってきましたね。
最近の鮫は頭が二つあったり空を飛んだり砂浜の中を潜ったりとなんでもアリなので、もはや腹をこすりつけそうな浅瀬を泳ぎ回ってるくらいじゃ驚かなくなりました。
多分登場人物たちも同じ気持ちなのでしょう、鮫がどこに出現しようが当然のように受け入れます。鮫が空から降ってくる異常気象さえも、彼らの中では日常の範疇です

代わり種の鮫とのバランスを取ろうというのかストーリーもかなりパワフルで、起承転結の真ん中を引っこ抜いたような展開がずっと続きます。見所盛りだくさんどころか常にクライマックス状態です。
そんなふうにドカドカ詰め込んだ劇的なトラブルのインパクトが強すぎて、主人公一行の目的が解らなくなる事もしばしば…

突っ込みどころが多いんじゃない、突っ込みどころしか無いんだ。
でも正直このダイナミックかつテキトーな感じが嫌いではないです。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

イモリ

苦手な人が多いから仕方ないとはいえ、うさぎやインコや猫や犬と同じようにきゃわいいイモリたんの写真だけたたまねばならないことに釈然としない思いを抱きながらも今日も大人しくたたみます。
Read more →

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ビーチ・シャーク(2011/アメリカ)


静かな島・ホワイトサンドのビーチでパーティーを開催していた若者のひとりがサメに食いちぎられるという事件が発生する。しかし、現場は海中ではなく満潮のラインをはるかに上回る陸地だった。

原題:SAND SHARKS

ちょっと待って待って。
魚類の定義ってなんだったっけ?

私はこんなに混乱してるのに、なんでこの映画の人たちは平然としてるの?
もっと「いやいやいやいやwwwwwwwww」くらいの反応が欲しいよ!
なんか砂浜を泳ぐ鮫の存在が世間では当たり前なのに私だけが驚いてるみたいで恥ずかしいじゃん…

そんな謎の生体について一応生物学的な理由付けがあるあたり真面目な人が作ったんだと思いますが、そんな真面目さはいらない。
むしろ「なんでか知らんけどこの鮫砂浜を泳ぐぞ!?」くらいがいい。
こういう映画を作るのに変に照れてちゃイカンよね。

逆に登場人物たちについては決定的に説明不足で、それは設定の詰めが甘いのか、それとも単純に役者の演技が下手なのか。
人手不足はエキストラの数からも窺え、少なくとも1000人以上が集まっているはずのビーチパーティーの図はどこから見てもスッカスカ、しかもその後のパニックシーンでは、あっという間に画面から人がはけるのは不味いと思ったのかエキストラに画面をぐるぐる走り回らせるという涙ぐましい努力まで……

せっかく思いついた設定だからってのはわかりますが、陸地にこだわりすぎて水中の映像がほぼゼロなのもいただけません。
海の中はもちろん危険、でも陸に逃げても襲われる!という絶望コンボを描かないなんてもったいなすぎます。

バカが海で鮫に追いかけられる→陸地に逃げて「これで安全ウェーイwww」→砂地から鮫がズバァッ!…の流れが見たかったなあ。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

うさぎとインコ

usausa100
うさぎの事がお気に入りらしいインコ
野菜が食べたいのもあるだろうけど、やたらとあとを追いかけ回します(犬にはそんな事しない)。

usausa139

usausa140
うさぎが意外と優しくて、しつこいインコを叱るどころか逃げの姿勢を貫いてるのが泣ける(ノ∀T)
多分ね、前に飼ってたインコに鼻をつつかれた記憶が残ってて インコ=怖い(強い)もの というインプットが彼の中でなされているんだと思います。
ストレスにならないようによくよく気をつけてやらないといけないなあと再認識しました…。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

うさぎ

すのこの上でトイレするようになってしまって困り中。
luco028-2
写真を見てお分かりの通り、うっかり漏らしたとかではなくて「ここでしよっと♪」という確信を持ってジャーっとやらかしてるのでどうしようもないです(ノ∀`)
春先からの異常な失敗率は一体なんなのか…

luco148
僕は…

luco147
他人のルールなんかに縛られないうさぎだ(キリッ)

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

インコ

日々セキセイインコらしい好奇心旺盛さが増してきて、いろんなものに興味を持ちはじめてます。
自分の意思らしきものが芽生えてくると不気味さも薄らぎますね!
早く大人にならないかな〜。私は多分、意思の疎通ができない幼い生き物が苦手なんだろうなと思う。
そういえばよちよちの子犬や子猫もそこまで好きじゃないしなあ…。断然成猫・成犬派です。
2014-05-25-19.36.42

2014-05-25-19.37.11

DSC_7627

DSC_7631
これやってると手汗がえらいことになる

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

モンスター上司(2011/アメリカ)


それぞれ横暴な上司に悩まされ続けるニック、デイル、カートの3人。夜のバーでグチをこぼす彼らは、ついに自分たちのボスを葬り去るしかないとの結論に達する。そんな彼らの前に怪しげな元詐欺師のディーンが現われ、助太刀を買って出る。ディーンのアドバイスを受けながら、事故に見せかけて殺す完璧な殺人計画を練り上げていく3人だったが…。

原題:HORRIBLE BOSSES

バカハラ上司のコリン・ファレルが他の5人を食い過ぎである。

パッケージの顔とポーズだけですでに面白いとか反則やん…
こういう役柄も出来るんだ!という意味で、『トロピック・サンダー』のトムクルーズと同じくらい驚いた。

実際やってることと言えば、バカなんて軽い言葉で片付けられるようなものではないのですが。
パワハラ上司の『リアルに殺意が湧く奴』を引き立てるための噛ませ的キャラかと思いきや、こっちはこっちで相当イヤです。
他の二人から「お前の悩みなんて悩みのうちに入らねーよ!」と一喝されるデイルの悩みの種のセクハラ美人歯科医だって、需要と供給がすり合わなければ普通に迷惑な人だし。
ただ、一番実際には居なさそうな人物ということで、彼女こそが緩衝剤的な役割なのかもしれません。

ストーリーに関しては途中『ハングオーバー!』シリーズと同じようなイタさと乗り切れなさを感じてしまった。
また、上司の殺害計画というわかりやすいテーマがあるにもかかわらず展開に一貫性が感じられず、復讐劇のスカッと感が足りないように思いました。
クライムコメディというよりは普通のドタバタコメディかな。

そして何と言ってもすさまじいのが飛び交う下ネタネタを通り越した直接的すぎる単語の数々
いっそのこと清々しいくらいでしたが一緒に観る相手は選ばないとそれこそ「セクハラ!」と平手打ちを食らいそうなので気をつけた方がよさそうです。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ