殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Monthly Archives: 1月 2015

You are browsing the site archives by month.

文鳥

DSC_4849
キリッ!

DSC_4847
キリィィイッ!!

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

DSC_4673

DSC_4664

DSC_4676

DSC_4661

DSC_4660
おいしいねー

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

インコ

DSC_4784

DSC_4791

DSC_4795
ふぇえ……確実に何人か殺ってる顔だよぉ……

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

鼻毛なくなるどころか増えたんですけど
DSC_4737
すごい中途半端な桜文鳥に仕上がりそう。
やっぱりごま塩にはならなくて残念…。でもこの中途半端さが実にうちの子らしい気もします。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

バイオハザード・アイランド(2012/アメリカ)


アメリカ全土はゾンビが支配する魔の世界と化していた。マイアミで隠遁生活をおくっていた救急救命士のエルビスは、若き女性生存者ツイーターと、10歳の少年コーディを助ける。やがて彼らは、老人のアドバイスでゾンビのいない「孤島の楽園」を目指す。苦難の末、やっと島にたどり着くが、そこは楽園どころかあのマイアミより劣悪な閉ざされた世界だった……。

原題:DEAD SEASON

キワモノっぽいタイトルに反して真面目な作りの映画でした。
テーマはどう生きていくか。
どう世界を救うかではなく、どう戦うかでもなく、どう逃げるかでもない。
受け身なテーマですが、この作品に関してはそれが全ていい方向に作用していたように思います。

個人的には、生き残りが協力し合ってゾンビを倒す!の定番パターンよりもこちらの抑圧された関係の方がリアリティも説得力も感じられる。
物資も食料も満足に調達できない世界で『生き残り同士仲良く』は難しいでしょうね、やっぱり。
むしろ中途半端に生き残りが多いと困ることもたくさんあるわけで…。

舞台は空が明るくて、木漏れ日が綺麗で、絶えず小鳥の声が聞こえる、そんな平和にすら思える小さな島。
そういうところにゾンビってどうなの?と最初は思いましたが、これが不思議とぴったりなんです。
危惧してたようなシュールさもチープさもなくて、日常の中の非日常感が際立ってました。

数あるゾンビ映画の中でも特に閉鎖的なこの映画は、動きの少ない脚本ながら退屈を感じさせない仕上がりになっていると思います。
レンタル代の安そうな小島を使うことで浮いた予算を臓物の制作に全力投球しているらしく、やたらと気合いの入ったグロも見所。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

DSC_4700
             /あっ……\

付箋を盗んだ場面を押さえられた瞬間

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

1/5
DSC_4470

1/7
DSC_4362

DSC_4446

1/10
DSC_4532

DSC_4613

DSC_4534

日に日によくわからない柄になっていく……

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

DSC_3758
つまようじを与えると、2羽とも機嫌良く遊んでくれます。

DSC_3761

DSC_3812
なかなかのビビリのちよちゃんも、つまようじは全然平気(綿棒はたまにビクッてしてる)。

DSC_3745
2本与えたはずがいつも最後には取り合いになるけど…

DSC_3768
楽しいのはわかったので相手を斬るのはやめてください。

DSC_3821
飼い主を斬るのはもっとやめてください。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

リトリート・アイランド(2011/イギリス)


大西洋に浮かぶブラックホーム島を休暇で訪れた、ケイトとマーティン夫妻。他に誰もいない孤島での静かな生活は、ジャックという男の出現により突然の悪夢に姿を変える。軍人だというジャックによれば、島の外界は未知のウィルスによる伝染病に汚染され、生き残るためには島を封鎖するしかないというのだ。無線機は応答せず、情報を確かめる術はない。不審を感じた2人は逃走を図るが、武装したジャックに脅迫され、監禁されてしまう。ジャックの語る“世界の終り”は、真実なのか?狂気が生んだ妄想なのか?そして明かされる、驚愕の真相とは?

原題:RETREAT(避難所)

突然の闖入者を信じるか?信じないか?というサスペンス。
個人的には、信用に傾くような描写が少なすぎてシーソーゲームが成り立っていないように感じました。
はじめから怪しさMAXだといまいちハラハラ感が足りなくて、話にのめり込めない。
そしてこうなるとどうしてもキャラクター設定の浅さや、魅力の乏しさが目立ってきてしまうのが余計に残念だなあと思う。

捻りの利いたバッドエンドをより強烈なものにするためにも、もう少し主役の夫婦に感情移入できるものが欲しかったです。
あのオチは…まるで予想できませんでした。それまでの展開がほぼテンプレ通りと言える流れだっただけに、余計に。

最後になによりどれより、演技力重視でキャスティングしたのであろうキリアン・マーフィーとタンディ・ニュートンの夫婦設定には違和感を禁じ得ない(・∀・;)

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

DSC_4160

DSC_4226
なんとなくオスっぽい気がするんだけどぐぜらない。
実は繁殖狙ってたんですが(;∀;)

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ