殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Monthly Archives: 2月 2015

You are browsing the site archives by month.

文鳥

DSC_4580
桜文鳥のちよちゃんはツルスベな羽の持ち主ですが、この子はモコフワ。
この子の個性なのかシナモン文鳥の特性なのかはわかりませんが羽の1枚1枚が薄くて、いわゆる猫っ毛みたいな…(そのせいか寒がりです)

DSC_4566
気持ちいいから触りたいけどダメって言われます(ノ∀`)

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

うさぎの心理がわかる本(大野 瑞絵、鈴木 理恵・著)


同シリーズの『インコの心理がわかる本―セキセイインコとオカメインコを中心にひもとく』が素晴らしかったのでタイトル買いした本ですが、著者が違えば切り込み方や深さに差があることを痛感させられました。
(そもそも冒頭に『うさぎの心理に関する研究はまだまだ発展途上で、この本でも犬猫の研究を元にした記述があります』と断りを入れてあるあたり、出版は時期尚早だったんじゃ…?と思わなくもない)

この本は、ちょっと詳しい飼育本なら当たり前に書いてある事柄に心理的な要素を絡めて言い換えてみたという感じかな。
うさぎには毎日違う野菜を与えましょう→うさぎのために毎日違うメニューを考えてあげることは、うさぎに自分は愛されているのだという自信をもたらし、心を豊かにします。
……みたいな。

うさぎはペットじゃなく家族、そんなのはうさぎを飼っている人なら当たり前のように染み付いているはずの思考で、うさぎに話しかけるのもご機嫌をうかがうのも「そうしなさい」なんて言われるまでもないはず。
「そうだよね~」と確認できる事はたくさんあっても、新たな発見をもたらしてくれる本ではありませんでした。

うさぎがどんなに自己主張が強くてわがままで繊細で感情豊かな生き物かなんて、長年の飼い主さんなら今更教えられなくったって経験から知ってますよね。
そもそもうさぎって裏表がなくて、まっすぐで、情熱的な生き物だから、数年も一緒に暮らしていたら大体のことは通じ合っちゃうし。

だからこの本は、今「え、そうなの!?」と驚いたあなた、あなたにこそおすすめしたい本です。
これからうさぎを飼う人や、うさぎに興味がある人だったらきっとうさぎの意外な生態に笑っちゃうはず。

そしてうさぎと暮らし初めて間もない新人飼い主さんにもおすすめしたい。
うさぎの気持ちがわからない……もしかして私ってうさぎに嫌われてる?そんな不安に襲われたときにこの本を開けばほっとするだけでなく、ますますうさぎがいとおしくなること間違いなし。

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

DSC_4966
なんかUMAみたいのいる


DSC_4965
一瞬前はこんなに可愛い鳥だったのに…

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

イモリ

たたみます。
Read more →

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

インコ

DSC_5268
ねえつくねちゃんつくねちゃん、

DSC_5269
あっ、こっち向い……


DSC_5271
うわああああああああああああ

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー(2009/アイスランド)


ホエール・ウォッチングのため、世界中から観光客の集まるアイスランド、レイキャヴィク。あるよく晴れた日、6組の乗客を乗せていつものように観光船は出 航した。しかし不慮の事故で突如船長を失った観光船は、帰港する術をなくしてしまう。そこへやってきた家族経営の捕鯨船が、取り残された観光客たちに救い の手を差し伸べるのだが、それが恐怖のシナリオの始まりであった…。

原題:REYKJAVIK WHALE WATCHING MASSACRE

ノルウェー、日本と並んで捕鯨大国のアイスランドの『ファッキンアメリカ!』の叫びが聞こえてくるようだ。

劇中に出てくる日本人3人は、この手の映画にしては比較的『日本人らしい』です(うち一人は本当の日本人役者)。
あ~、確かにあるよね~と頷いてしまう、国民性がバリバリに出た言動もしばしば。
ただ、やたらと手をあわせて拝むのは別の国と混同している気がしないでもないですが…

この映画はホラームービーのお約束を正しく踏襲しており、それは乗客たちのやたらと濃いキャラクター設定からもうかがえます。
「あ、こいつすぐに死ぬな」と思うキャラは実際にすぐ死ぬし、なんやかんや生き残りそうなキャラはその通りになる。

が、アメリカ映画のお約束に倣いすぎてどこを見ても既視感があるというのも良し悪しだと思う。
せっかくアイスランド製作なのにまるでアメリカのホラー映画みたいで…
舞台がどこの国でもそう変わりはないであろう船の中だけって言うのもあるんでしょうね。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

うさぎ

うさぎがもぐもぐするだけ
DSC_3843

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

やったー二度見する鳥できたよー
DSC_5067


DSC_5066


DSC_5065
なんかキモくなった…

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

文鳥

一時はどうなることかと思いましたが、生後4ヶ月と少しにしてやっと挿し餌を卒業できました。
DSC_4974

あっ写真間違えた。こっちね。
DSC_5003
シード派なのでちょっとずつペレットにも慣れてもらわないと…

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ボディ・ハント(2012/アメリカ)


17歳の高校生エリッサは、両親の離婚で住み慣れたシカゴを離れ、母のサラと二人で郊外の一軒家に引っ越してきた。その家は賃貸料が驚くほど安かったが、数年前に隣の家で娘が両親を惨殺して失踪するという事件が起きていた訳あり物件だった。隣の家には一家の息子ライアンが住んでいた。親戚の家に預けられていた彼は、事件後、莫大な遺産と共にその家を相続したのだった。ロック・ミュージシャンの父の影響を受け、エリッサはシンガー・ソング・ライターとして自らのサイトで作品を発表するなど、音楽活動を続けていた。その音楽をきっかけに、エリッサはライアンと知り合い、親しくなっていく。サラはライアンとの交際に反対するが、エリッサは最愛の妹と両親の死という心の傷を抱えながら孤独に生きるライアンに、高校の同級生たちにはない魅力を感じ惹かれていく。

原題:House at the End of the Street

全編のうち1/3はエリッサとライアンのラブストーリーと友情物語と母娘のぎこちないドラマが続くばかりで、ホラーっぽい要素と言えばライアン宅の地下室に精神に異常をきたしたキャリー・アンが幽閉されていることくらい。
そのまま犠牲者の一人も出さずにキャリー・アン死ぬし。久しぶりに「えええええええっ!?」ってなりました。
ところが、そっから続く展開がすごかった! 思わずそれまでのキャリー・アン登場シーンを見返してしまうほど意外な展開だった。
このための下積みと思えば、それまでのダラダラした展開も致し方ない…のかなあ?

でも一瞬の「そうだったのか!」が過ぎ去ったあとは特に何が残るでもない普通のサスペンスホラー展開で、トータルで言うと正直面白くない。
そもそもこれはどのカテゴリに属する映画なのだ?
ホラーじゃないし、サスペンスにしてもサイコにしても弱いし、ラブロマンスと呼ぶにはどんでん返しが邪魔だし。友達の存在だのバンドだのの話の中途半端さからするに青春映画でもない。
こうまで中途半端だと誰が見てもつまんないんじゃ…と思ってしまう。

それにしても、なぜホラー映画の警官は必ず単独行動をとるのか……

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ