殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Category Archives: (´・ω・`)ショボーン

ピラニアシャーク(2014/アメリカ)


新たな生物兵器として研究開発中の異種交配ザメ、通称「ピラニアシャーク」。ある事情で開発計画が頓挫し、多額の損失を出した開発会社はピラニアシャークを家庭で飼えるペットとして一般向けに売り出すことに。すると物珍しさに注文が殺到、大量のピラニアシャークたちが出荷されていく。しかし、彼らの生命力と繁殖力は半端なかった!ニューヨークの下水管に放たれたピラニアシャークは、街中の配水管をめぐりとてつもない勢いで繁殖し、殺戮マシーンと化す。この非常事態に米軍はニューヨークへの核攻撃を宣言。市民に避難命令が下される。ピラニアシャーク唯一の弱点を発見した害虫駆除業者のジャクソンたち3人は、ニューヨークを救うために立ち上がる!

原題:Piranha Sharks

ながら見してた影響もあるのでしょうが、キャラクターの相関と設定がよくわからない。
特におっさんキャラが全員小汚くて冴えないという点で見事な共通を見せており、いったい誰が誰なんだか……。

内容的はかなりスカスカ。
その時々によって体の大きさが何十倍単位で変わりまくる中途半端な出来のピラニアシャークのCGとシュールなネタで笑いを取ることに終始しており、パニックやグロに期待するとものすごくガッカリすること請け合いです。

アニマルパニックムービーのくせに襲撃シーンがほとんど無いし、ピラニアシャークを下水に放流するシークエンス(恐怖の序章を示すシーン)とかも無いし、そもそもピラニアとサメが合体することによる魅力を全然アピールできてないし、こりゃいくらなんでも予算と計画が足りてなさすぎ。

まったくもう、なんでこの惨状で見切り発車してしまったのか!
あとからジワジワくる小ネタの数々は嫌いじゃなかっただけに、人食いシーンがもっとしっかりしてれば格段に評価も上がっただろうと思う。
サメなのに小さい、しかもウジャウジャ…って着眼点自体は新しくてイイのにもったいない。

わかってやってるバカ映画のわりにパンチ力不足。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

アフターショック(2012/アメリカ)

目の覚めるような景色、セクシーな女性達、イケてる男達、すばらしいワイン、そして最高のパーティー! チリは最高! 運の悪いアメリカ人観光客のグリンゴ(イーライ・ロス)、彼のチリ人の友人アリエル(アリエル・レヴィ)とポロ(ニコラス・マルチネス)。 彼らにとって、今回のチリ旅行は最高だった-かわいい女の子がいないことを除けば-! グリンゴは、美女さえいれば“友人達は満足してくれるはずだ”と考え、ロシア人モデルのイリーナ、パーティー番長のカイリー、カイリーの真面目な妹モニカの3人の美女をナンパし、うまい具合に一緒にバルパライソの街を観光することに。 6人の男女は、ダンスクラブに繰り出すのだが、その時、巨大地震が街を襲う! 至福の時間だったはずが一転、死と破壊の地獄絵図と化す。 不運なグリンゴ達一行は、街で暴れる略奪者や、脱獄した囚人達、余震の恐怖から、命を守るために逃げなければならない!

原題:AFTERSHOCK

前置きが長くてだるい+キャラクターが軒並みうっとうしい+後半の映像暗すぎ+胸糞+カタルシスが無い
という、畳み掛けるような残念さにHPを削られる映画でした。

軒並みうっとうしい…とは言いましたが、最後まで頑張る一人だけは常識人でマトモ。
でもだからこそ、この人だけ補正が付くんだろうなーというのが分かりきってしまい、これがまた面白くもなんともないんですよねー(最終的に助からなかったけど)

メインディッシュは主人公たちのバカ騒ぎだったのか、地震なのか、囚人たちによる私刑シーンなのか、極限状態における集団心理なのか、津波なのか、観ていてよくわからない。
視聴者に“何を怖がらせたいのか”を深く考えず、ただグロいシーンを撮りたいがためだけに作ってしまった感がある。

他人を思いやる気持ちが一つも報われない点で、他のパニック映画とは一線を画する斬新な内容だとは思うのですが。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

エンカウンターズ -侵略-(2014/デンマーク、スウェーデン)

2011年11月18日11時16分。映画監督のアナースとカメラマンのフィヨルドは、俳優のアレクス、女優のヤネを連れてスウェーデン北部へと車を走らせていた。彼らの目的は、ホラー映画「エンカウンターズ」の撮影。だが、撮影場所へと向かう途中の森の中で、道に迷ってしまう。一行は仕方なく森の中でテントを張り、ひと晩を過ごすことになる。辺りも暗くなってきたその時、突然森の奥に赤い光が出現する…。

原題:Encounters

その状況においてもカメラ回すのかよ、というツッコミはこういった作品には野暮だけど、あえて言いたい。
その状況でよく重たいカメラを持ち歩こうと思えるな、と。

この映画の見所はただ一つ、宇宙人の乗り物?的な巨大蜘蛛を思わせる機械。
これがインパクト大なだけに、パッケージで思いっきりネタバレしてしまっているのが残念すぎるー!

人間の複製を作って入れ替わる宇宙人のアイディアは『ボディ・スナッチャー』由来かな。
それに『宇宙戦争』と『ブレアウィッチプロジェクト』を混ぜ合わせたのがこの映画って感じです。

POVという特性上、相手に関する説明や解説が皆無なので、観終わったあとに疑問がいっぱい残るかも。
POVのデメリットばかりが強調されてるから、この内容だと普通に撮った方がよかったんじゃないかと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コレクター(1997/アメリカ)

捕らえた女性をすぐには殺さず、監禁して愉しむ恐怖の殺人鬼に、犯罪心理学の専門家が挑む異色のサイコ・サスペンス。アメリカ南部で、女子大生ばかり狙う連続誘拐殺人事件が発生する。犯罪心理学にも通じているワシントンの警官クロスは、犯人の目的が女性を収集することだと見抜いて独自に調査を開始する。ある日、ケイトという女性が犯人のもとからの逃亡に成功、クロスは彼女の力を借りて見えない猟奇犯に迫ってゆく。

原題:KISS THE GIRLS

どんでん返し系のお話ではあるのですが、キャラクターの個性付けが下手なため「実はこの人が真犯人でした!」とドヤられたところで、それが誰だったか思い出せない。
彼が犯行に関与していたことを示す伏線も見当たらないとなれば尚更。

主人公も独断行動が多くて見ていて全く頼りにならない上に、心理学者的な要素がこれっぽっちも生かされてなくて…。
逆に犯人のアジトから逃げ出した被害者の女性は頼りになりすぎ。
いくら精神的にも肉体的にも強い女性であるからと言って、あんなに早く立ち直られては全く被害者という感がしないし、そもそもそのせいで主人公の影が薄いのでは…。
彼女の方がよほど警官らしく思えてしまいました。

何がしたいのか・何が言いたいのかよくわからない映画だけど、『羊たちの沈黙』の雰囲気を真似たいことだけはひしひしと伝わってくる。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ザ・ライト -エクソシストの真実-(2011/アメリカ)

信仰を見失ったアメリカの神学生マイケルは卒業を間近に控え、司祭になる道を捨てようとしていたところを恩師に引き留められ、バチカンのエクソシスト養成講座を受け始める。やがて、異端だが“一流のエクソシスト”だと讃えられるルーカス神父の悪魔祓いを手伝うことになるのだが…。

原題:The Rite

この映画って、そもそも誰が主役なんだろう??
出てくる人物すべてにスポットライトを当てようとするのはいいとして、その光量が乏しくせっかくのキャラが沈んでしまっているのはもったいないと思う。

それに、いったい何を目的としてどこに向かって話が進んでいるのかもわからないし…。
例えばアンジェリーナが話に噛んでくる必要性はどこにあったのか。
中途半端でモヤモヤする弟のエピソードを無理にねじ込んでまで話に絡ませる必要性のある女性だったかと言うと、私はそうは思わない。

かなり淡々とした話運びで、(もともと私が悪魔憑き系のネタが苦手というのも手伝って)観ていると眠たくなってしまった。
アンソニー・ホプキンスの演技力だけかな。
憑依前と憑依後の豹変具合はさすがでした。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ザ・スリル(2013/アメリカ)

初めての子が生まれたばかりのクレイグは、突然仕事を解雇された。貯金もなく家賃も払えない彼は、立退きの通知を受け、絶望のあまり独りでバーへと立ち寄った。そこで出会った謎の金持ちカップル。彼らはクレイグにあるゲームを仕掛けるのだった。「これができたら◯◯ドル! 」ごく簡単な内容と引き換えに現金を手にし、喜ぶクレイグだったが、ゲームの内容は次第にエスカレートし、遂には逃げ場のない究極の選択へと彼を導いていくのだった…。

原題:CHEAP THRILLS

犬を料理するシーンに物申したい。
皮の処理をしてくれ。しかもよりによってプードルなんて口の中でもっしゃもっしゃして絶対食べにくいに決まってるでしょー

そもそもこのゲームを持ちかける順番が『自分の指を切り落とす』の次って??
難易度的には犬を食う方がイージーな気がするのですが。

金のために無茶する人間の様子を見たいなら『レベルサーティーン』の方がぶっ飛んでて面白いですね。
ゲームに参加する主人公ともう一人も、高校時代につるんでいただけの関係なので特別仲がいい訳じゃなく、信頼関係で結ばれている訳でもないので、そんな二人の友情に亀裂が入る様子にも特に何とも思えない。

主人公が元来はどういった人間なのかという部分の描写がもう少し欲しかった。
このゲームに引きずり込まれる前はどんなに友達思いな男だったかと言う点をもっと強調している方が、オチの後味悪さが尾を引くんじゃないかと思います。
どんでん返しもありきたり。奥さんがらみで何かあるかな?と思っていたのにすんなり終わってしまって残念でした。

物語の背景(『どうして?』『なぜ?』『何のために?』)を重視する人にはつまらない映画かと思います。
ただ、金持ちの妻役のサラ・パクストンのサイコビッチ感はたまらない。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コロシノジカン~60秒、死の選択~(2010/アメリカ)


郊外の静かな住宅地で事件が起きる。ベッドに縛りあげた両親を前に謎の侵入者は少女に向かって告げた。「60秒以内に父か母どちらかを選べ。さもなくば全員を殺す……。」時を同じくして、女子大学生フィオナの周りでは不可解な出来事が起きていた。ある日彼女のもとに謎の人物“ISO_17”から一通のメールが届く。そこには過去に自殺した母親に関する情報が記されていたのだ。近隣で起る連続猟奇殺人事件を捜査中の刑事の父と一緒に、一連の謎を解き明かそうと調査に挑むフィオナ。捜査線上に浮かびあがったのは、誰も想像し得なかった意外な犯人像だった……。

原題:CHOOSE

父親と母親のどちらか一方を殺させるという残虐なゲームの掴みはインパクト大だったものの、それ以外は至って普通のサスペンス。
意味があってターゲットを選んでいるので仕方ないとは言え、被害者の数が少なくて途中ちょっとダレる部分があるかも。
最初の被害者には両親のどちらを救うかを選択させ、次のピアニストには聴力を失うかそれとも指を失うかを選択させたりと『選択』のバリエーションに意味を持たせているのは面白い。

ただ、ラストで選択させることの意味を見失っているあたり作りがヌルいです。
ただでさえ広がりに欠けるストーリーなのに…。
主人公の友人たちが狙われる展開があればよかったな。仲のいい女友達とか一体何のために出てきたのか。

このクソひどい邦題から限りなくハードルを低く設定していたおかげで案外普通に観られてしまいましたが、かといって秀でた部分があるわけでもないので、観ないという選択も十分アリでしょうね。

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ゴーストメイカー(2011/アメリカ)


清掃のアルバイトをしている大学生カイルは、ある不気味な老女の家の地下室で、打ち捨てられた棺を見つける。棺を持ち帰り調べてみると、敷物の下から精巧な機械が現れる。友人サットン、プラットと共にその由来を調査したところ、それは15世紀の発明家で“悪魔の造形師”と呼ばれた邪悪な発明家の作った恐ろしい装置だった。好奇心を抑えきれず、棺に横たわり機械のネジを巻くカイル。次の瞬間、彼の魂は肉体から抜け出て自分と仲間を見つめていた。そう、この装置は死後の世界を体験できる“ゴーストメイカー”だったのだ! 魂になり好きな場所に行けることが分かり、最初は恐る恐る使っていたカイル達だったが、次第にそれぞれの欲望のまま、幽体離脱を繰り返すようになる。しかしこの装置には恐ろしい代償があった。本来、運命に従ってやってくるはずの死を欺いた報いとして、冥界からの処刑人が彼らを連れ去りにやってきたのだ。火花を散らしながら迫りくる処刑人。果たして彼らは運命に抗い生き延びることができるのか?

原題:BOX OF SHADOWS

自由自在な幽体離脱の方法を手に入れて、私利私欲のために金やドラッグの盗みに走る奴、親友の恋人をストーキングしはじめる奴、棺の謎を解き明かそうとする奴。
まったくの三者三様に行動しているため、メインテーマが何なのかわかりづらい感があるかな…と思います。
ついでに主人公が誰なのかも最初のうちよくわからなかった。

後半の展開だけ見るなら、主人公のドラッグにまつわるエピソードは余計だし(少なくとも長々と時間を割いて説明するほど重要なディテールではない)、それならサットンに関する描写とか、ああいう風に変貌するに至る伏線の描写に力を入れてほしかった。
棺を巡る三人の物語かと思ったら一人は捨て駒だったし、キャラクターの使い方がこなれてない印象です。
棺の設定自体はガンガン想像力をかきたてられるような魅力溢れたものであっただけに、本当に残念!
いくらでも派手に演出できそうな設定ですが、そうならなかったのは予算の関係性が大きかったりするのかな。

ちなみにパッケージで堂々たるオーラを放つ処刑人とやらは作中では特に重要な存在ではないので、ファイナルデスティネーション的な超自然VS人間を想像すると肩すかしを食らいます。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

プレイバック(2011/アメリカ)


1984年、アメリカ中部の町でシリアル・キラーによる殺人事件が発生。犯人は現場で警察に射殺された。時間が流れ、現在その町に住んでいる、ある高校生グループは、自主映画を撮ろうとして、偶然地下室においてあったテープを見つけた。しかしそこに記録されていたのは20年前の事件当時の記録。そこに映っていた犯人の映像を再生してから、奇異な事件が後を絶たなくなった。

原題:PLAYBACK

まずメインギミックである『撮影すること』と『憑依』にどれほど重要な繋がりがあるのかの説明が乏しい。
そもそも『撮影すること』自体に意味があるのか、それとも『撮影した映像を見せること』だけでどうにかなっちゃうのか?このあたりからして趣旨があいまいな気がします。

映像を介して悪魔の魂が乗り移るという発想自体は悪くないし、誰が憑依されているのか伏せて話を進めればサスペンス的要素も強くなって面白そうなのに、せっかくの材料を100%扱いきれてない感が…。
しかもせっかくキャラクターの頭数が多いのに、なかなか死人が出ないから盛り上がらない。

役者さんたちは全員演技に秀でてるし、ホラーとして「おっ!」と思わせられるインパクトあるシーンも散見されただけに本当に惜しい!
リメイクしてほしいな。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

JIGSAW ゲーム・オブ・デス(2006/アメリカ)


ケリーが意識を回復した時、彼女は閉鎖された工場の廃墟にいた。周りには、見知らぬ6人の男女。彼らの共通点は、TVのリアリティ・ショー“恐怖の館”に出演応募のビデオを送ったことだった。やがて工場内に不気味な声が響きわたる……“さあゲームをはじめよう”。ルールは簡単、6人が応募ビデオで語った“一番怖い”と思うシチュエーションを再現し、その恐怖を克服した者が勝者となる。監視カメラが見つめる中、繰り広げられる死のゲーム。一人また一人、無惨な死を遂げてゆく若者たち。やがてただ一人生き残ったケリーは、このゲームを仕掛けた《マスター》の正体を知る。それは彼女にとって、真の恐怖の始まり。そして、究極の“ラスト・ゲーム”が開始された!!

原題: ARE YOU SCARED

せっかくゲームの内容自体はバリエーションに富んでていい感じなのに、いかんせんその魅力や怖さを発揮する前にゲームが終わってしまうので消化不良感が…。
ゴア描写もごくごくありきたりだし、ストーリーも中途半端だしで腰の落ち着けどころがないような。

ちなみにパッケージのような罠は出てきません。
似たようなモノは出てきますがもっとずっとショボいし犠牲者もパッケージの人とは違います。

ゲームの支配人の真の目的を考えると、本来のターゲット以外の人物までゲームに参加させるのは高リスクノーリターンだと思う。
取ってつけたようなオチもいまいち。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ