殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Category Archives: ( ゚д゚ ) ……

スキンウォーカー・プロジェクト(2013/アメリカ)

2010年、ユタ州の牧場で奇怪な超常現象が発生。謎の発光体と共に、8歳の少年コディが失踪した。2011年、民間リサーチ企業のMDE社が調査を開始。6人の専門家チームを問題の“スキンウォーカー牧場”に派遣した。その目的は、UFOと超常現象の物的証拠を確保すること。コディの父親ホイトの協力をとりつけたチームは、最新鋭の監視カメラやセンサーを牧場のいたるところに設置し、調査を開始するが…。

原題:Skinwalker Ranch

敵が霊なのか宇宙人なのか怪物なのかすらわからないから、どこに怖さを見いだせばいいのか悩ましい。
はたして作っている側は、自分たちが何を作っているのか理解しているのだろうか? そこからしてすでに謎。

理由も原因もわからないけど、とりあえず超常現象の映像を見られれば満足な人向け。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

DEBUG/ディバグ(2014/カナダ)

外部との連絡を絶った巨大宇宙船に送り込まれた、カイダら若き天才ハッカーたち。システム復旧の任務を開始する彼らだったが、宇宙船の人工知能“アイアム”が突如暴走し、船に閉じ込められてしまう。船内のシステムを支配するアイアムによって、次々に命を落としていくハッカーたち。追いつめられたカイダはプログラム抹消のため電脳世界への侵入を試みるのだったが……果たしてアイアムの真の目的とは! ?カイダたちは生きて宇宙船を脱出することができるのか! ?

原題:DEBUG

全体的にものすごーーく取っ付きにくい。
テンポのよさを追求しようとしてくれているのは伝わりますが、その方法がぎこちないせいで、ところどころ話が飛んでいるかのような印象を受けます。

SFは制作者の独自性が出やすいジャンルにも関わらず世界観の説明がほとんど無く、キャラクターの設定や置かれた立場も表面的な説明のみなのはツライ。
この世界では何が可能で何が不可能なのか、解らないことにはスリルもカタルシスも感じようがない。

なんでヒロインはいきなり電脳世界に入り込んじゃったの? そんなことが出来るって説明なかったじゃん……

人間側がハッカーである設定が生きていない(皆さん特に頭がよろしいようには見えない)、人工知能のそもそもの目的が不明という点も大きなマイナス要素です。
あと、彼らの死に方がまたしょうもないんすわ。
ネズミにびっくりして死亡!とか、バーチャルセックスしようとして死亡!とか。ほんとどうでもいい。

なにもかもが明らかに説明不足なので、おのおのが好き勝手に想像力を巡らせないことにはみじんも面白くない映画。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

CLOSE クローズ(2010/アメリカ)

恋人タイラーとの結婚を間近に控えたローレンは、2人で廃倉庫を購入し新たなビジネスの計画を立てていた。ある日友人のカルロスの案内の元、購入した物件の下見に訪れたローレン達だったが、待ち合わせの時間になってもカルロスが姿を現さなかった。しびれを切らし、先に中に入る事を決めると、何故か入口の鍵が開いていた。不思議に思いながら中に入ったローレン達だったが、長い年月を経て廃墟と化した倉庫では信じがたい運命が彼女達を待ち受けていた…。

原題:THE BRAZEN BULL

内臓でろでろの死体を見ても触ってもほとんど取り乱さないってすごいな…
おまけに目の前で友人が喉かっ切って殺されても数秒で素に戻れる主人公って一体。

脚本を書いた人や監督がかなり肝の据わったタイプなんでしょうか。残念ながら小市民の私には、登場人物への感情移入が難しすぎました。
ついでにこの話を考えた人たちは電ノコで手首を切り落とされても元気いっぱい喋り続けられるスーパーマンなんだろう。
そう思えば現実味のない展開も致し方無し。

キャラクターに魅力がないのに加え、展開もやたらと説明くさくて眠たくなります。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

プロジェクト・ゼロ(2010/カナダ)


麻薬中毒者の数が年々増加するのを受け、麻薬撲滅運動の一環として進められている、ある実験があった。それは自殺を促す薬“ベイビー・ブルー”を使用した中毒者の一掃を謀る極秘計画だった。麻薬市場にばら撒かれたベイビー・ブルーは、知らずに服用した者を次々に死へと追いやり、ベネットもその犠牲となってしまう。ジェスは、ベネットが命を断つ光景を目の当たりにした事により、残された友人達と共に麻薬から足を洗う事を決める。しかしその決意とは裏腹にバグズは顔なじみのディーラーからサービスとしてベイビー・ブルーを渡されるのだった…。

原題:PSYCHOTICA

脱ぎ専の女優に払うギャラより血のりとか小道具に予算配分してくれた方が…
見ていて「ああお金がないのね」と思わせられるシーンがあまりに多い。なまじシリアスな作風だけに余計に気がそがれます。

カメラも無駄揺れ+暗い+バストショット連発の何をしているのかわからない仕様。
この単調な映像のせいでどうにも緊迫感に欠ける仕上がりで、80分がやたらと長く感じました。
ということで、ヒロインの金髪さんの演技が上手い以外は特に見所のない映画です。パッケージみたいな施設も一切出てこないし。

それでも視聴すると言うのなら、おっぱいがぼろんぼろん出るのと普通にヤッてるシーン(女優さんが微妙すぎて特に嬉しくも何ともない!)があることにだけ気をつけよう!

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

GEAR ギア(2005/アメリカ)


麻薬組織の取引現場に覆面の男が乱入しギャング達は全滅。潜入捜査官のトルーマンはただ一人生き残った。その後組織のボスの甥が“クロード・レインズ”と名乗る男に誘拐され、トルーマンは犯人があの覆面の男だと気づく……

原題:THE PRODIGY

2時間も上映時間があるわりに、主人公をはじめとする登場キャラクターに関する説明がほとんどないので、何がなんだかまるでわからない。
とにかくどーーーーーしても話に入り込めない。
だって誰も彼もがどういう立場の人なのかわからないし、人間関係もわからないし、そもそも主人公の所属するギャングだかなんだかが何を目的として動いてるのかわからない。
中身が無いから全員チェスの駒みたい。

ギア関係ないし。思った以上に関係ないし。
もちろんSAW的な内容を期待してたわけじゃないですが、それにしたってここまで関係ないのか!?とさすがにびっくりしちゃったよ。
ギアどっから出てきたのか説明してくれよ。
配給会社は何を思って、というかこの映画のどういうところを見てSAWに便乗させようと決めたんだろう? 皮肉とかじゃなく単純に気になる。

極めつけに、謎の犯人が最後まで謎のまま! 動機も謎のまま! サスペンス映画のくせに!
序盤からしつこいまでに「コイツ主人公と関係ありますよー」「主人公の子供時代と関連してますよー」とチラチラ謎を小出しにしておいて、そのへんの回収が一切行なわれないまま終わるって一体…?

ただ映像センスだけは好きなんですよねえ。ぜひともいい脚本家をつかまえて、このセンスが発揮される映画を撮ってほしいものです。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ディアトロフ・インシデント(2013/アメリカ、イギリス、ロシア)


旧ソ連時代の1959年。ウラル山脈のディアトロフ峠を、スキーを使用して越えようとした登山グループが遭難する。後にグループ9名全員が遺体となって発見されるが、そのうちの5体は極寒にもかかわらず全裸に近い状態であり、残る4体は舌が失われているなど異様な損傷を受けていた。さらに、身に着けていた衣服からは高濃度の放射能までもが検出された。さまざまな憶測がなされたが、旧ソ連体制の崩壊などで事件は忘れ去られようとしていた。そんな中、5人のアメリカ人学生が事件を調査しようと関係者に取材し……。

原題:THE DYATLOV PASS INCIDENT

「これは実話である」と前置きしたうえでのトンデモSFはアウトです。

雪男って……ワームホールって……テレポーテーションって……
どんな顔して実話ですなんて言ってるのか見てみたいわ!

その辺は100歩譲って目をつむるとしても、これが残念な映画であるという印象は覆らないかな。
一つには、主観映像の使い方を間違えてると思うんです。

POVというのはカメラの持ち主一人が見ている範囲のものしか映せないわけで、非常に視界の狭くなる手法です。
この映画のように最後の最後までコンセプトを伏せたままではただの旅行記に過ぎず、「何かがいる」ことをもっと強調してくれないと自分が何を観ているのかすらわからなくなってしまう。
怪しげな姿や声のチラ見せとか、なんでもいいから。

事実は小説より奇なり……なんて言う通り、この映画よりディアトロフ峠事件そのもののほうがよほど興味をひかれます。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

フォー・クリスマス(2008/アメリカ)


結婚に興味はないが、ブラッドとケイトは幸せいっぱいのカップル。毎年クリスマスシーズンには、わずらわしい家族づきあいからとんずらを決め込み、飛行機に乗ってトロピカルなヴァカンスへ。離婚した双方の親や、兄弟姉妹、甥っ子姪っ子たちの前から姿を消していた。ところが今年は、赤鼻トナカイのピカピカの鼻も見えないほどのひどい濃霧が発生。飛行機が飛ばなくなってしまった!仕方なく、4つの家族それぞれとクリスマスを祝うことになった2人だったが…。

原題:FOUR CHRISTMASES

突然ですが、私は血縁関係にある相手とネジとボルトみたいに寄り添って生きていく必要性を感じません。
どうしても折り合いが合わないのなら、いっそお互いのことを忘れて自分だけの人生を生きたっていいんじゃないの?と思う派です。
家族って言っても所詮は偶然にも同じ血を分け合うことになっただけの他人であることに変わりはなく、無理してまで家族に自分を同化させることはないんじゃないかと…。
だからこの映画の「家族なんだから一緒に仲良く暮らそうよ!お互いを愛そうよ!家族なんだから家族なんだから家族なんだから!」という愛のゴリ押しには辟易してしまった。

私だったら自分に対して本気の殴る蹴るの暴行を加えてくる兄弟や、甥っ子とうまくやっていこうなんて絶対に思わない。
だから遊びと称して本気のリンチを受ける主人公の姿には哀れみと苛立ちしか感じない。
映画的には、あれは笑うシーンだったみたいですが……

彼らの中に共通して存在しているのは、一番稼いでいるブラッドに対する劣等感。
同時にブラッドの中にもどうしようもない劣等感が染み付いていて、それをどう乗り越えるのか、あるいはどう折り合いを付けていくのかというのが多分メインテーマ。

“多分”と前置きしたのは、劣等感の苦悩を共有できるほどにはキャラクターに感情移入できなかったから。
多分そうであろうなあとぼんやり感じただけで…
ところどころカットされてる?と思うほどの急展開も、悪い方悪い方へと作用してると思う。

観終わった感想は「だから何?」 次に「で、なんだったの?」 そして「クリスマス関係ないやん!」
たった1日でそれまでの人生の何もかもが変わるなんて、そんな風に思ってる訳じゃないけど、でもやっぱり映画なんだしスッキリ終わらせてほしかった気持ちもある。
どうせだったらもうとことん都合のいいハッピーエンドに仕上げたっていいじゃない。

「結婚もしない、子供も作らないカップルなんて超ミジメだよねー!ほらだから結婚しろ、子供作れ、それだけが正しい“幸せ”の形だから逆らうな」……そんなメッセージがチラチラ見え隠れしてる。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

10ミニッツ・アフター(2005/アメリカ)


理論物理学者スチュアート・コンウェイ博士の天才的な発明、それは時間を10分間戻すことが出来る携帯型タイムマシンだった。FBI捜査官のサラは、同僚で恋人のジェイクと共にスチュアートの動向をマークしていた。銀行に向かったスチュアートは、マシンを利用して同じ小切手を2度現金化。実験は、見事に成功したのだ。だが、その銀行は凶悪犯ブリッグスの襲撃を受け、スチュアートは撃たれてしまう……。

原題:SLIP STREAM

短絡的で魅力の『み』の字も感じない登場人物たち、やる気の無いエキストラ群、スピード感を削ぐ野暮ったい演出、場面にまったく合っていないBGMがきつい。
せめてカメラワークだけでも見直せば格段にレベルアップしそう。
それでも銃撃戦のさなかにハーモニカ吹き鳴らす独自のセンスだけはどうしようもないけど…

10分以内であれば時間を巻き戻せることを前提としているため、主人公が撃たれて死んだりと他の映画とは一線を画した展開があるのは見所ですが、一瞬盛り上がってもすぐに尻窄みになるのが残念すぎる。
せっかくなんでもアリが許される設定なのに変に保守的な思考に走るのはなぜなのか。

10分戻ったあとでまた10分過去に戻り、戻った先でまた10分戻し…とすれば好きな過去に戻れそうな気がしますがそれは出来ない設定なんでしょうか。
そのへんのツッコミ封じが甘い気がしました。
こういう映画に必要なのは隙のない作り込みか、もしくはそういった小難しさをねじ伏せるくらいの活劇なのですが、この作品はそのどちらともが中途半端なためどうしたって話に入り込めません。

出来ることならこの映画を見る前の時間に戻りたい。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ヘルアイランド(2009/イギリス)

ジャングルでのサバイバル特番を撮影するため、イギリスのTVクルーはフィリピンの無人島を訪れる。番組のプレゼンターでもあり、サバイバル上級者でもあるセブ率いるTVクルーに、現地ガイドのチルとジョーイを加えた一行は、早速撮影を開始。6日間の日程で、無人島に滞在、撮影を敢行する予定だった……。しかし、島に到着するやいなや、感じる違和感。ジャングルに響きわたるのは人間の泣き声とも叫び声とも聞き紛う鳴き声、そして、どこからか感じる視線……。そして、遂にその正体が明らかになったとき、彼らの冒険は想像を絶する恐怖へと一変してしまう……。

原題:SURVIVING EVIL

フィリピンの伝承に登場するUMA『アスワング』がメインのクリーチャーホラーです。
物珍しさにつられて見始めたわりには、結局普通のクリーチャー映画だった。
だいたい、アスワングさんがヒャッハー!しだすのがエンディング30分前からっていうところで、もう。

それまでの時間ですか? 延々とTVクルーがわちゃわちゃしてるのを眺めるためだけに費やす時間です。
しかも、謎の怪物が周囲をうろついてることが判明した後でものんびり腰降ろしてキャンプしちゃうような奴らを眺めるためだけに……なんなの、ツッコミ待ち?

しかもやっと出てきたと持ったら、別にそこまで出し惜しみするほどの怪物じゃないじゃん、っていう。
なんかなー、これといった特徴がなくてつまらない…。

かろうじて、捕らえた妊婦に種を植え付け、腹の中の胎児をアスワングに変えてしまうことで仲間を増やすというインパクトが大きいくらいでしょうか。
それも「どこのプレデリアンだよwww」って言っちゃうとそれまでですね。

2009年製とは思えない野暮ったいBGMの使い方がなんとも。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

トカゲ女(2004/タイ)

トカゲ女 [DVD]
トカゲ女 [DVD]
mobileトカゲ女 [DVD]

バンコクに住む女流人気作家のクワンは、ヤモリの悪霊を題材にしたホラー小説を発表、キャンペーンのために訪れたチェンマイで民芸品の小さな箱を購入する。その直後から、彼女は巨大なヤモリの幻覚に悩まされるようになる。やがて、彼女の周囲で奇怪な事件が続き、ついにはヤモリの悪霊に憑依されたクワンがおぞましい“トカゲ女”に変貌してしまう。彼女の恋人で医師のウィトゥーンは彼女を救おうと奔走するが…。

原題:LIZARD WOMAN

10分前は人間だった!
キャッチフレーズなのか何なのかよくわからないこの一文にノックアウトされてしまった。

登場人物がヤモリごときにいちいち騒ぎすぎである。
というわけでトカゲ女と銘打ちつつ出てくるのはおててが可愛いヤモリちゃんです。トカゲとヤモリは違う生き物なんだから!
GECKO WOMANやヤモリ女では格好がつかないと思われたのでしょうか…
日本で見かける種類とは違って体がおおきく、鮮やかな模様がかっこいいトッケイヤモリに萌え萌え(´ω`*)

全体の雰囲気はタイ映画らしく真面目にチープ。
ホラーには似合わないタイ語の可愛らしい響きや、しょんぼりな(でも愛は感じる)CG、意味が分からないくらい豪快に唐突に脱ぐ女優、何かを間違えてるとしか思えないBGM…
なんかクセになる。

でもストーリーが支離滅裂なのだけはいただけません。
そもそも前提というものが存在せず、トカゲだかヤモリだかの霊?怪物?の目的もわからなければ、冒頭の探検隊エピソードを入れる理由も、登場人物たちの行動理念も一切説明がなされないからどういう姿勢でこの映画を見ればいいのか分からない。
終始トカゲ女が暴走してるだけで、まわりの人たちはそれを右往左往しつつ眺めているだけ。
単調!かつ!不合理!!

じつは映画中で起きたことはすべて主人公が書いた小説なのでした!という今更すぎる禁じ手オチもどうかと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ