殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Category Archives: ホラー

ザ・ゲスト(2014/アメリカ)

ハロウィーンが近づく中、息子を戦地でなくした一家のもとに彼の戦友だという男デイヴィッド(ダン・スティーヴンス)が訪ねてくる。謙虚で礼儀を重んじる上に、美しい容姿を誇る彼は、瞬く間に一家と心を通わせていく。それぞれが抱えていた悩みや問題を解決してしまう彼をすっかり信頼する一家だが、次第にその姿や言動とはかけ離れた素顔と目的を持っていることが明らかになる。

原題:THE GUEST

導入シーンがとても長いのですが、デイヴィッドの思わせぶりな立ち振る舞いがいい具合に尾を引いて冗長に感じさせない。
このへんのさじ加減は絶妙です。

しかし!
彼の全容が明らかになってしまうと、急に何もかもがありきたりに感じてトーンダウンしてしまいました。
サイコさんっぽい奴が実は……サイコさんなのでしたー!ってドヤられても、それ知ってた…って言うか見れば分かる。
それでも、デイヴィッドの特殊スキルや強さをしっかり視聴者に説明したうえでああいった展開に持ち込むあたりには説得力を感じられ、前半に時間を割いただけのことはあったように思います。

逆に、デイヴィッド以外の説明はあまりに乏しすぎる。
特に組織だとか機密実験だとかに言及しておきながら、その辺の説明がこれっぽっちも無いってのは……

オチはアメリカ映画の悪い癖が出てしまったようで残念です。
あれじゃ13金とかハロウィンのノリだよー

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

スキンウォーカー・プロジェクト(2013/アメリカ)

2010年、ユタ州の牧場で奇怪な超常現象が発生。謎の発光体と共に、8歳の少年コディが失踪した。2011年、民間リサーチ企業のMDE社が調査を開始。6人の専門家チームを問題の“スキンウォーカー牧場”に派遣した。その目的は、UFOと超常現象の物的証拠を確保すること。コディの父親ホイトの協力をとりつけたチームは、最新鋭の監視カメラやセンサーを牧場のいたるところに設置し、調査を開始するが…。

原題:Skinwalker Ranch

敵が霊なのか宇宙人なのか怪物なのかすらわからないから、どこに怖さを見いだせばいいのか悩ましい。
はたして作っている側は、自分たちが何を作っているのか理解しているのだろうか? そこからしてすでに謎。

理由も原因もわからないけど、とりあえず超常現象の映像を見られれば満足な人向け。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

リヴィッド LIVIDE(2011/フランス)

訪問介護ヘルパーのリュシー(クロエ・クルー)は、かつて厳格なバレエ教師として知られ、今は昏睡状態にある老婦人ジェセル(マリ=クロード・ピエトラガラ)の邸宅に赴く。館のどこかに秘密の財産が隠されているという話を知ったリュシーは、恋人(フェリックス・モアティ)と彼の友人(ジェレミー・カポーヌ)に説得され、一緒にジェセルの屋敷に忍び込む。そんな三人の前に、亡くなったはずのジェセルの娘(クロエ・マルク)が純白のバレエ衣装に身を包んで現われ……。

原題:LIVIDE

とらえどころのない不思議な映画。
表向きは幽霊ホラーっぽいのに実はヴァンパイアもので、かと思えば魔女でゾンビで人造人間でクリーチャーパニック系でもあって??

それでいて斬新…と呼ぶにはあと一歩何かが足りない印象だし、笑えるカオスでもなくって、単純にテーマが定まっていないような薄ぼんやりとした印象を抱いてしまいました。

一番腑に落ちないのが、ちょいちょい意味有りげに登場するわりには何の役にも立たないしそもそも出てくる意味もないリュシーのお母さん(の幻影)!
あれはリュシーがいかに人生に絶望しているかを表しているつもりなんでしょうか?

いいところはアナ(バレリーナの女の子)とリュシー(主人公)がどちらもすっごくカワイイこと!
リュシーは口元がスカヨハ似。
この二人の不思議な友情はとても微笑ましいです。
ただ、お互いのどこに何を見いだした結果、友情を築いたのかは私には理解できませんでしたが。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ピラニアシャーク(2014/アメリカ)


新たな生物兵器として研究開発中の異種交配ザメ、通称「ピラニアシャーク」。ある事情で開発計画が頓挫し、多額の損失を出した開発会社はピラニアシャークを家庭で飼えるペットとして一般向けに売り出すことに。すると物珍しさに注文が殺到、大量のピラニアシャークたちが出荷されていく。しかし、彼らの生命力と繁殖力は半端なかった!ニューヨークの下水管に放たれたピラニアシャークは、街中の配水管をめぐりとてつもない勢いで繁殖し、殺戮マシーンと化す。この非常事態に米軍はニューヨークへの核攻撃を宣言。市民に避難命令が下される。ピラニアシャーク唯一の弱点を発見した害虫駆除業者のジャクソンたち3人は、ニューヨークを救うために立ち上がる!

原題:Piranha Sharks

ながら見してた影響もあるのでしょうが、キャラクターの相関と設定がよくわからない。
特におっさんキャラが全員小汚くて冴えないという点で見事な共通を見せており、いったい誰が誰なんだか……。

内容的はかなりスカスカ。
その時々によって体の大きさが何十倍単位で変わりまくる中途半端な出来のピラニアシャークのCGとシュールなネタで笑いを取ることに終始しており、パニックやグロに期待するとものすごくガッカリすること請け合いです。

アニマルパニックムービーのくせに襲撃シーンがほとんど無いし、ピラニアシャークを下水に放流するシークエンス(恐怖の序章を示すシーン)とかも無いし、そもそもピラニアとサメが合体することによる魅力を全然アピールできてないし、こりゃいくらなんでも予算と計画が足りてなさすぎ。

まったくもう、なんでこの惨状で見切り発車してしまったのか!
あとからジワジワくる小ネタの数々は嫌いじゃなかっただけに、人食いシーンがもっとしっかりしてれば格段に評価も上がっただろうと思う。
サメなのに小さい、しかもウジャウジャ…って着眼点自体は新しくてイイのにもったいない。

わかってやってるバカ映画のわりにパンチ力不足。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

CLOSE クローズ(2010/アメリカ)

恋人タイラーとの結婚を間近に控えたローレンは、2人で廃倉庫を購入し新たなビジネスの計画を立てていた。ある日友人のカルロスの案内の元、購入した物件の下見に訪れたローレン達だったが、待ち合わせの時間になってもカルロスが姿を現さなかった。しびれを切らし、先に中に入る事を決めると、何故か入口の鍵が開いていた。不思議に思いながら中に入ったローレン達だったが、長い年月を経て廃墟と化した倉庫では信じがたい運命が彼女達を待ち受けていた…。

原題:THE BRAZEN BULL

内臓でろでろの死体を見ても触ってもほとんど取り乱さないってすごいな…
おまけに目の前で友人が喉かっ切って殺されても数秒で素に戻れる主人公って一体。

脚本を書いた人や監督がかなり肝の据わったタイプなんでしょうか。残念ながら小市民の私には、登場人物への感情移入が難しすぎました。
ついでにこの話を考えた人たちは電ノコで手首を切り落とされても元気いっぱい喋り続けられるスーパーマンなんだろう。
そう思えば現実味のない展開も致し方無し。

キャラクターに魅力がないのに加え、展開もやたらと説明くさくて眠たくなります。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

アフターショック(2012/アメリカ)

目の覚めるような景色、セクシーな女性達、イケてる男達、すばらしいワイン、そして最高のパーティー! チリは最高! 運の悪いアメリカ人観光客のグリンゴ(イーライ・ロス)、彼のチリ人の友人アリエル(アリエル・レヴィ)とポロ(ニコラス・マルチネス)。 彼らにとって、今回のチリ旅行は最高だった-かわいい女の子がいないことを除けば-! グリンゴは、美女さえいれば“友人達は満足してくれるはずだ”と考え、ロシア人モデルのイリーナ、パーティー番長のカイリー、カイリーの真面目な妹モニカの3人の美女をナンパし、うまい具合に一緒にバルパライソの街を観光することに。 6人の男女は、ダンスクラブに繰り出すのだが、その時、巨大地震が街を襲う! 至福の時間だったはずが一転、死と破壊の地獄絵図と化す。 不運なグリンゴ達一行は、街で暴れる略奪者や、脱獄した囚人達、余震の恐怖から、命を守るために逃げなければならない!

原題:AFTERSHOCK

前置きが長くてだるい+キャラクターが軒並みうっとうしい+後半の映像暗すぎ+胸糞+カタルシスが無い
という、畳み掛けるような残念さにHPを削られる映画でした。

軒並みうっとうしい…とは言いましたが、最後まで頑張る一人だけは常識人でマトモ。
でもだからこそ、この人だけ補正が付くんだろうなーというのが分かりきってしまい、これがまた面白くもなんともないんですよねー(最終的に助からなかったけど)

メインディッシュは主人公たちのバカ騒ぎだったのか、地震なのか、囚人たちによる私刑シーンなのか、極限状態における集団心理なのか、津波なのか、観ていてよくわからない。
視聴者に“何を怖がらせたいのか”を深く考えず、ただグロいシーンを撮りたいがためだけに作ってしまった感がある。

他人を思いやる気持ちが一つも報われない点で、他のパニック映画とは一線を画する斬新な内容だとは思うのですが。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

エンカウンターズ -侵略-(2014/デンマーク、スウェーデン)

2011年11月18日11時16分。映画監督のアナースとカメラマンのフィヨルドは、俳優のアレクス、女優のヤネを連れてスウェーデン北部へと車を走らせていた。彼らの目的は、ホラー映画「エンカウンターズ」の撮影。だが、撮影場所へと向かう途中の森の中で、道に迷ってしまう。一行は仕方なく森の中でテントを張り、ひと晩を過ごすことになる。辺りも暗くなってきたその時、突然森の奥に赤い光が出現する…。

原題:Encounters

その状況においてもカメラ回すのかよ、というツッコミはこういった作品には野暮だけど、あえて言いたい。
その状況でよく重たいカメラを持ち歩こうと思えるな、と。

この映画の見所はただ一つ、宇宙人の乗り物?的な巨大蜘蛛を思わせる機械。
これがインパクト大なだけに、パッケージで思いっきりネタバレしてしまっているのが残念すぎるー!

人間の複製を作って入れ替わる宇宙人のアイディアは『ボディ・スナッチャー』由来かな。
それに『宇宙戦争』と『ブレアウィッチプロジェクト』を混ぜ合わせたのがこの映画って感じです。

POVという特性上、相手に関する説明や解説が皆無なので、観終わったあとに疑問がいっぱい残るかも。
POVのデメリットばかりが強調されてるから、この内容だと普通に撮った方がよかったんじゃないかと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ザ・ライト -エクソシストの真実-(2011/アメリカ)

信仰を見失ったアメリカの神学生マイケルは卒業を間近に控え、司祭になる道を捨てようとしていたところを恩師に引き留められ、バチカンのエクソシスト養成講座を受け始める。やがて、異端だが“一流のエクソシスト”だと讃えられるルーカス神父の悪魔祓いを手伝うことになるのだが…。

原題:The Rite

この映画って、そもそも誰が主役なんだろう??
出てくる人物すべてにスポットライトを当てようとするのはいいとして、その光量が乏しくせっかくのキャラが沈んでしまっているのはもったいないと思う。

それに、いったい何を目的としてどこに向かって話が進んでいるのかもわからないし…。
例えばアンジェリーナが話に噛んでくる必要性はどこにあったのか。
中途半端でモヤモヤする弟のエピソードを無理にねじ込んでまで話に絡ませる必要性のある女性だったかと言うと、私はそうは思わない。

かなり淡々とした話運びで、(もともと私が悪魔憑き系のネタが苦手というのも手伝って)観ていると眠たくなってしまった。
アンソニー・ホプキンスの演技力だけかな。
憑依前と憑依後の豹変具合はさすがでした。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コロシノジカン~60秒、死の選択~(2010/アメリカ)


郊外の静かな住宅地で事件が起きる。ベッドに縛りあげた両親を前に謎の侵入者は少女に向かって告げた。「60秒以内に父か母どちらかを選べ。さもなくば全員を殺す……。」時を同じくして、女子大学生フィオナの周りでは不可解な出来事が起きていた。ある日彼女のもとに謎の人物“ISO_17”から一通のメールが届く。そこには過去に自殺した母親に関する情報が記されていたのだ。近隣で起る連続猟奇殺人事件を捜査中の刑事の父と一緒に、一連の謎を解き明かそうと調査に挑むフィオナ。捜査線上に浮かびあがったのは、誰も想像し得なかった意外な犯人像だった……。

原題:CHOOSE

父親と母親のどちらか一方を殺させるという残虐なゲームの掴みはインパクト大だったものの、それ以外は至って普通のサスペンス。
意味があってターゲットを選んでいるので仕方ないとは言え、被害者の数が少なくて途中ちょっとダレる部分があるかも。
最初の被害者には両親のどちらを救うかを選択させ、次のピアニストには聴力を失うかそれとも指を失うかを選択させたりと『選択』のバリエーションに意味を持たせているのは面白い。

ただ、ラストで選択させることの意味を見失っているあたり作りがヌルいです。
ただでさえ広がりに欠けるストーリーなのに…。
主人公の友人たちが狙われる展開があればよかったな。仲のいい女友達とか一体何のために出てきたのか。

このクソひどい邦題から限りなくハードルを低く設定していたおかげで案外普通に観られてしまいましたが、かといって秀でた部分があるわけでもないので、観ないという選択も十分アリでしょうね。

1

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ダークネス(2002/スペイン、アメリカ)


レジーナの一家は神経症を患う父マークの療養のため、アメリカからスペインの郊外へと引っ越してきた。この町はかつてマークが生まれ育った場所で、祖父アルベルトもこの地で医師として働いている。一家は、緑に囲まれた静かな家で楽しい生活を迎えようとしていた。だがやがて、家の中で原因不明の停電をはじめ怪異な現象が度々発生するようになり、幼い弟ポールは怯え、マークも情緒不安定になっていく。原因がこの家にあると感じたレジーナは調べを進めていくうち、40年前の皆既日蝕の日に7人の子供が失踪したという事件に行き着くのだったが…。

原題:DARKNESS

いわくつきの家に越してきた家族が、そこに住み着く幽霊に嫌がらせされて追いつめられていくという定番のホラー。
話の半分くらいは怖いよりもどかしい・イライラする展開です。
というのも、家の異変に気を揉んでいるのがお姉ちゃんのレジーナ一人だけで、弟は幼さゆえに何も出来ないし、父親は刻一刻と理性を失っていくばかりだし、母親は現実逃避のあまり娘の言葉に全く耳を貸そうとしないため(夫や息子の明らかな変貌にも気がつかないフリ)。
逆に言えばレジーナの聡明さと優しいお姉ちゃんっぷりはこの映画の救い。おっぱい揺れてるし。
レジーナの彼氏もがんばってくれます。

大音量のSEに頼らず、『静』の怖さを表現しようとしているところにすごく好感が持てます。
写真に写っている人物がいつの間にか一人消えているとか(この写真自体がまた気味悪くて…)、暗がりの中をそっと這い回る者の存在を示すさりげない演出がいい感じだと思う…!
ちょいちょい現れる子供の幽霊が、助けを求めてるわけじゃなく『むしろ主人公たちを殺したい(自分たちだけ死んだんじゃ不公平だから)』という意思に基づいて行動しているのもセオリーを裏切っててよかった。

ただ“闇”がテーマのわりに、出てくるクリーチャーの方にインパクトを取られてしまっているのは残念かも。
家族の関係が最初からかなりぎくしゃくしていたので(特に母と娘)、この関係を乗り越えてハッピーエンドに着地するのかなーと予想していたのに重苦しいムードのまま終わってしまったのにはヘコみましたが、生きてる存在も死んでる存在も両方怖がれるお得な?ホラーだと思います。

生きてる人間の方が怖いVSいやゴーストの方がこえーよ!の争いに「どっちも怖いです」ということで終止符を打った作品だと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ