殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Category Archives: アニメーション

9 〜9番目の奇妙な人形〜(2009/アメリカ)

9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [DVD]” /></a><br />
<a href=9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [DVD]
mobile9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [DVD]

荒廃した世界の古びた研究室の片隅で、奇妙な人形が目を覚ます。麻袋を縫い合わせたような人形の体には、“9”の文字が刻まれていて…


キャラクターが可愛くて仕方ない。
みんな魅力的だけど、特に7姉さんと3と4の双子!!
造形がよく考えられていて、荒廃しきった世界によく似合ってます。
つぎはぎだらけの麻袋で出来た本体と、それを飾るがらくたの寄せ集めみたいなパーツがいい加減な雰囲気でもあり、繊細でもあり。
みんなベースは同じなんだけどちょっとずつ違うところと、サイズがちっちゃめなのもツボです。(その小ささゆえに、よく見ると武器が縫い針と糸だったりだとか)
マシンも無骨で、いかにも攻撃に特化してるって感じのデザインが不気味でかっこいいんだ。

ストーリーはもう何番煎じだよのレベル。
しかも消化不良ぎみで、見終わった後真っ先に出てきた一言は「うーん…」でした。
それでもダメな作品という印象にならないのは、やっぱり映像(キャラクター、カメラワーク、演出など全部ひっくるめて)の素晴らしさがあるからでしょうか。
どちらに重きを置くかによって評価が二分するみたい。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993/アメリカ)

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]
mobileナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]

ジャックはたった一人の親友、幽霊犬ゼロをつれて森を彷徨う。彼は不思議な力に引き寄せられて“クリスマスタウン”へ。真っ白な雪とピカピカ光るライト、楽しそうな音楽と笑い声、初めてみるクリスマスの光景に魅せられて“ハロウィンタウン”に戻った彼は自分でクリスマスを作り出そうと決心するが…。


前々から気になってたところを友人にオススメされたので!
ミュージカル映画っていいなー(*´▽`*)
まさかのストップモーションアニメなところが凄い!

ジャックかっこいいいいかわいいいいい
というかみんなキャラが立ってて好き。
見てて楽しいのは表情豊かなジャック、可愛すぎるのはサリー(*・∀・*)
このカップル可愛すぎてニヤニヤする。

キャラクター以外も、細部まで練り込まれた造形の美しさにどきどきわくわくさせられました。
小物使いが良すぎる。やっぱりこの監督のセンス好きだなーと再確認!
ハロウィンタウンとクリスマスタウン、どちらの色合いもすごくイイ。
見事な対比を織りなす色の使い分けに感服。
なにより、クリスマスに憧れるハロウィンという微笑ましさが異常w
曲も歌もぜんぶ素敵でした〜
個人的にジャックとブギーマンの声が好きかな。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コープスブライド(2005/アメリカ、イギリス)

ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]
ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]
mobileティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]

19世紀のヨーロッパ。小さな村で、ある結婚式が迫っていた。新郎はビクター。成金夫婦の気弱な一人息子だ。新婦のビクトリアは、落ちぶれた貴族の娘。つまり、この結婚は政略結婚。でも若い2人は出会った途端、互いに好意を抱く。が、内気なビクターはリハーサルをこなすことができず、暗い森でひとり練習することに。そして誓いの言葉とともに、小枝(と思われたもの)に指輪をはめた。それが、死体の花嫁=コープス ブライドの細い指だとは知らずに!


エミリーがかわいくてかわいくて…
最初から最後まで彼女が愛おしくて仕方ありませんでした。
ピアノを弾くシーンで「そういう所が好きだ」って言われて、彼女はどんなに嬉しかっただろう。
教会でのエミリー素敵すぎかっこよすぎ。
さりげなくビクトリアをかばってあげるエミリーに萌えた…
そのあとビクターも助けてあげてたしね。本当にかっこいいですね彼女。

生者の世界と死者の世界の色合いの色合いがぜんぜん違って、でもそのどちらもが美しい!
前者は寂しく暗く静かで廃退すら感じさせるのに対して、死者の世界の賑やかなこと!
音も色も満ちあふれて暖かく、でもやっぱりどこか不気味な雰囲気が素晴らしかった。
やっぱりこの人の作品の色使いや世界観の作り方が大好きだと再確認しました。
曲も印象的なものばかりでした。ビクターとエミリーの結婚式の歌いいなー

エミリーかわいいよエミリー。
大事な事なので何度でも言うよ!エミリーかわいいよーー!!

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ