殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Category Archives: サスペンス

ザ・ゲスト(2014/アメリカ)

ハロウィーンが近づく中、息子を戦地でなくした一家のもとに彼の戦友だという男デイヴィッド(ダン・スティーヴンス)が訪ねてくる。謙虚で礼儀を重んじる上に、美しい容姿を誇る彼は、瞬く間に一家と心を通わせていく。それぞれが抱えていた悩みや問題を解決してしまう彼をすっかり信頼する一家だが、次第にその姿や言動とはかけ離れた素顔と目的を持っていることが明らかになる。

原題:THE GUEST

導入シーンがとても長いのですが、デイヴィッドの思わせぶりな立ち振る舞いがいい具合に尾を引いて冗長に感じさせない。
このへんのさじ加減は絶妙です。

しかし!
彼の全容が明らかになってしまうと、急に何もかもがありきたりに感じてトーンダウンしてしまいました。
サイコさんっぽい奴が実は……サイコさんなのでしたー!ってドヤられても、それ知ってた…って言うか見れば分かる。
それでも、デイヴィッドの特殊スキルや強さをしっかり視聴者に説明したうえでああいった展開に持ち込むあたりには説得力を感じられ、前半に時間を割いただけのことはあったように思います。

逆に、デイヴィッド以外の説明はあまりに乏しすぎる。
特に組織だとか機密実験だとかに言及しておきながら、その辺の説明がこれっぽっちも無いってのは……

オチはアメリカ映画の悪い癖が出てしまったようで残念です。
あれじゃ13金とかハロウィンのノリだよー

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

スキンウォーカー・プロジェクト(2013/アメリカ)

2010年、ユタ州の牧場で奇怪な超常現象が発生。謎の発光体と共に、8歳の少年コディが失踪した。2011年、民間リサーチ企業のMDE社が調査を開始。6人の専門家チームを問題の“スキンウォーカー牧場”に派遣した。その目的は、UFOと超常現象の物的証拠を確保すること。コディの父親ホイトの協力をとりつけたチームは、最新鋭の監視カメラやセンサーを牧場のいたるところに設置し、調査を開始するが…。

原題:Skinwalker Ranch

敵が霊なのか宇宙人なのか怪物なのかすらわからないから、どこに怖さを見いだせばいいのか悩ましい。
はたして作っている側は、自分たちが何を作っているのか理解しているのだろうか? そこからしてすでに謎。

理由も原因もわからないけど、とりあえず超常現象の映像を見られれば満足な人向け。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

DEBUG/ディバグ(2014/カナダ)

外部との連絡を絶った巨大宇宙船に送り込まれた、カイダら若き天才ハッカーたち。システム復旧の任務を開始する彼らだったが、宇宙船の人工知能“アイアム”が突如暴走し、船に閉じ込められてしまう。船内のシステムを支配するアイアムによって、次々に命を落としていくハッカーたち。追いつめられたカイダはプログラム抹消のため電脳世界への侵入を試みるのだったが……果たしてアイアムの真の目的とは! ?カイダたちは生きて宇宙船を脱出することができるのか! ?

原題:DEBUG

全体的にものすごーーく取っ付きにくい。
テンポのよさを追求しようとしてくれているのは伝わりますが、その方法がぎこちないせいで、ところどころ話が飛んでいるかのような印象を受けます。

SFは制作者の独自性が出やすいジャンルにも関わらず世界観の説明がほとんど無く、キャラクターの設定や置かれた立場も表面的な説明のみなのはツライ。
この世界では何が可能で何が不可能なのか、解らないことにはスリルもカタルシスも感じようがない。

なんでヒロインはいきなり電脳世界に入り込んじゃったの? そんなことが出来るって説明なかったじゃん……

人間側がハッカーである設定が生きていない(皆さん特に頭がよろしいようには見えない)、人工知能のそもそもの目的が不明という点も大きなマイナス要素です。
あと、彼らの死に方がまたしょうもないんすわ。
ネズミにびっくりして死亡!とか、バーチャルセックスしようとして死亡!とか。ほんとどうでもいい。

なにもかもが明らかに説明不足なので、おのおのが好き勝手に想像力を巡らせないことにはみじんも面白くない映画。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

エンカウンターズ -侵略-(2014/デンマーク、スウェーデン)

2011年11月18日11時16分。映画監督のアナースとカメラマンのフィヨルドは、俳優のアレクス、女優のヤネを連れてスウェーデン北部へと車を走らせていた。彼らの目的は、ホラー映画「エンカウンターズ」の撮影。だが、撮影場所へと向かう途中の森の中で、道に迷ってしまう。一行は仕方なく森の中でテントを張り、ひと晩を過ごすことになる。辺りも暗くなってきたその時、突然森の奥に赤い光が出現する…。

原題:Encounters

その状況においてもカメラ回すのかよ、というツッコミはこういった作品には野暮だけど、あえて言いたい。
その状況でよく重たいカメラを持ち歩こうと思えるな、と。

この映画の見所はただ一つ、宇宙人の乗り物?的な巨大蜘蛛を思わせる機械。
これがインパクト大なだけに、パッケージで思いっきりネタバレしてしまっているのが残念すぎるー!

人間の複製を作って入れ替わる宇宙人のアイディアは『ボディ・スナッチャー』由来かな。
それに『宇宙戦争』と『ブレアウィッチプロジェクト』を混ぜ合わせたのがこの映画って感じです。

POVという特性上、相手に関する説明や解説が皆無なので、観終わったあとに疑問がいっぱい残るかも。
POVのデメリットばかりが強調されてるから、この内容だと普通に撮った方がよかったんじゃないかと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

コレクター(1997/アメリカ)

捕らえた女性をすぐには殺さず、監禁して愉しむ恐怖の殺人鬼に、犯罪心理学の専門家が挑む異色のサイコ・サスペンス。アメリカ南部で、女子大生ばかり狙う連続誘拐殺人事件が発生する。犯罪心理学にも通じているワシントンの警官クロスは、犯人の目的が女性を収集することだと見抜いて独自に調査を開始する。ある日、ケイトという女性が犯人のもとからの逃亡に成功、クロスは彼女の力を借りて見えない猟奇犯に迫ってゆく。

原題:KISS THE GIRLS

どんでん返し系のお話ではあるのですが、キャラクターの個性付けが下手なため「実はこの人が真犯人でした!」とドヤられたところで、それが誰だったか思い出せない。
彼が犯行に関与していたことを示す伏線も見当たらないとなれば尚更。

主人公も独断行動が多くて見ていて全く頼りにならない上に、心理学者的な要素がこれっぽっちも生かされてなくて…。
逆に犯人のアジトから逃げ出した被害者の女性は頼りになりすぎ。
いくら精神的にも肉体的にも強い女性であるからと言って、あんなに早く立ち直られては全く被害者という感がしないし、そもそもそのせいで主人公の影が薄いのでは…。
彼女の方がよほど警官らしく思えてしまいました。

何がしたいのか・何が言いたいのかよくわからない映画だけど、『羊たちの沈黙』の雰囲気を真似たいことだけはひしひしと伝わってくる。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画(2011/アメリカ)

雪に覆われた田舎町で保険のセールスマンとして働くミッキー。妻とは別居状態、保険セールスの成績も悪く、経済状況は最悪。所有するクレジットカードも利用停止まであと一歩まで迫っていた。そんな中、彼は新しい顧客を獲得しようと、町はずれで暮らす孤独な老人宅を訪問。無事に住宅保険の契約を勝ち取るが、ふとしたことから老人が高額のバイオリンを所有していることを知ってしまう。後日、ほんの出来心からバイオリンの窃盗計画を思いついたミッキーは、老人の外出中に家へ侵入。しかし、老人が保険の加入と同時に警報装置を設置していたことで、彼は一気に大ピンチに。さらにそこへ、おせっかいな隣人が現れたことで、事態は急激に悪い方向へと転がり始めるのだった…。

原題:Thin Ice(薄い氷。転じて、危険な立場)

経済状況の悪化から人生の破綻が目前に迫りつつあるなか、ひょんなことから他人に窃盗計画を見破られ、しかもそいつが隣人を殺してしまい共犯として死体処理を手伝うはめに陥った主人公。
これだけ聞くと気の毒な男……ですが、いやいやコイツは元々なかなかの悪です。

自分の無能を他人に押し付けたり、自分に有益なように部下を利用したり…話が進めば進むほど同情しづらい男。
しかしながら、この下衆さが後々のストーリー展開にしっかり噛んでくるあたりが計算高いです、この映画。

重ねて面白いのは邦題の『パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画』。
見ていると、主人公の窃盗計画は全くパーフェクトではないのです。
何をするにもその場しのぎの行き当たりばったりで目先3cmくらいのことしか考えてない。
…にもかかわらず、観終わったあとはなるほどね~と納得できてしまうという。

コメディと銘打つほどのおかしさはなく、むしろ主人公のクズさに苦笑してしまう場面が多いかも。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ザ・スリル(2013/アメリカ)

初めての子が生まれたばかりのクレイグは、突然仕事を解雇された。貯金もなく家賃も払えない彼は、立退きの通知を受け、絶望のあまり独りでバーへと立ち寄った。そこで出会った謎の金持ちカップル。彼らはクレイグにあるゲームを仕掛けるのだった。「これができたら◯◯ドル! 」ごく簡単な内容と引き換えに現金を手にし、喜ぶクレイグだったが、ゲームの内容は次第にエスカレートし、遂には逃げ場のない究極の選択へと彼を導いていくのだった…。

原題:CHEAP THRILLS

犬を料理するシーンに物申したい。
皮の処理をしてくれ。しかもよりによってプードルなんて口の中でもっしゃもっしゃして絶対食べにくいに決まってるでしょー

そもそもこのゲームを持ちかける順番が『自分の指を切り落とす』の次って??
難易度的には犬を食う方がイージーな気がするのですが。

金のために無茶する人間の様子を見たいなら『レベルサーティーン』の方がぶっ飛んでて面白いですね。
ゲームに参加する主人公ともう一人も、高校時代につるんでいただけの関係なので特別仲がいい訳じゃなく、信頼関係で結ばれている訳でもないので、そんな二人の友情に亀裂が入る様子にも特に何とも思えない。

主人公が元来はどういった人間なのかという部分の描写がもう少し欲しかった。
このゲームに引きずり込まれる前はどんなに友達思いな男だったかと言う点をもっと強調している方が、オチの後味悪さが尾を引くんじゃないかと思います。
どんでん返しもありきたり。奥さんがらみで何かあるかな?と思っていたのにすんなり終わってしまって残念でした。

物語の背景(『どうして?』『なぜ?』『何のために?』)を重視する人にはつまらない映画かと思います。
ただ、金持ちの妻役のサラ・パクストンのサイコビッチ感はたまらない。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ダークネス(2002/スペイン、アメリカ)


レジーナの一家は神経症を患う父マークの療養のため、アメリカからスペインの郊外へと引っ越してきた。この町はかつてマークが生まれ育った場所で、祖父アルベルトもこの地で医師として働いている。一家は、緑に囲まれた静かな家で楽しい生活を迎えようとしていた。だがやがて、家の中で原因不明の停電をはじめ怪異な現象が度々発生するようになり、幼い弟ポールは怯え、マークも情緒不安定になっていく。原因がこの家にあると感じたレジーナは調べを進めていくうち、40年前の皆既日蝕の日に7人の子供が失踪したという事件に行き着くのだったが…。

原題:DARKNESS

いわくつきの家に越してきた家族が、そこに住み着く幽霊に嫌がらせされて追いつめられていくという定番のホラー。
話の半分くらいは怖いよりもどかしい・イライラする展開です。
というのも、家の異変に気を揉んでいるのがお姉ちゃんのレジーナ一人だけで、弟は幼さゆえに何も出来ないし、父親は刻一刻と理性を失っていくばかりだし、母親は現実逃避のあまり娘の言葉に全く耳を貸そうとしないため(夫や息子の明らかな変貌にも気がつかないフリ)。
逆に言えばレジーナの聡明さと優しいお姉ちゃんっぷりはこの映画の救い。おっぱい揺れてるし。
レジーナの彼氏もがんばってくれます。

大音量のSEに頼らず、『静』の怖さを表現しようとしているところにすごく好感が持てます。
写真に写っている人物がいつの間にか一人消えているとか(この写真自体がまた気味悪くて…)、暗がりの中をそっと這い回る者の存在を示すさりげない演出がいい感じだと思う…!
ちょいちょい現れる子供の幽霊が、助けを求めてるわけじゃなく『むしろ主人公たちを殺したい(自分たちだけ死んだんじゃ不公平だから)』という意思に基づいて行動しているのもセオリーを裏切っててよかった。

ただ“闇”がテーマのわりに、出てくるクリーチャーの方にインパクトを取られてしまっているのは残念かも。
家族の関係が最初からかなりぎくしゃくしていたので(特に母と娘)、この関係を乗り越えてハッピーエンドに着地するのかなーと予想していたのに重苦しいムードのまま終わってしまったのにはヘコみましたが、生きてる存在も死んでる存在も両方怖がれるお得な?ホラーだと思います。

生きてる人間の方が怖いVSいやゴーストの方がこえーよ!の争いに「どっちも怖いです」ということで終止符を打った作品だと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

GEAR ギア(2005/アメリカ)


麻薬組織の取引現場に覆面の男が乱入しギャング達は全滅。潜入捜査官のトルーマンはただ一人生き残った。その後組織のボスの甥が“クロード・レインズ”と名乗る男に誘拐され、トルーマンは犯人があの覆面の男だと気づく……

原題:THE PRODIGY

2時間も上映時間があるわりに、主人公をはじめとする登場キャラクターに関する説明がほとんどないので、何がなんだかまるでわからない。
とにかくどーーーーーしても話に入り込めない。
だって誰も彼もがどういう立場の人なのかわからないし、人間関係もわからないし、そもそも主人公の所属するギャングだかなんだかが何を目的として動いてるのかわからない。
中身が無いから全員チェスの駒みたい。

ギア関係ないし。思った以上に関係ないし。
もちろんSAW的な内容を期待してたわけじゃないですが、それにしたってここまで関係ないのか!?とさすがにびっくりしちゃったよ。
ギアどっから出てきたのか説明してくれよ。
配給会社は何を思って、というかこの映画のどういうところを見てSAWに便乗させようと決めたんだろう? 皮肉とかじゃなく単純に気になる。

極めつけに、謎の犯人が最後まで謎のまま! 動機も謎のまま! サスペンス映画のくせに!
序盤からしつこいまでに「コイツ主人公と関係ありますよー」「主人公の子供時代と関連してますよー」とチラチラ謎を小出しにしておいて、そのへんの回収が一切行なわれないまま終わるって一体…?

ただ映像センスだけは好きなんですよねえ。ぜひともいい脚本家をつかまえて、このセンスが発揮される映画を撮ってほしいものです。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ゴーストメイカー(2011/アメリカ)


清掃のアルバイトをしている大学生カイルは、ある不気味な老女の家の地下室で、打ち捨てられた棺を見つける。棺を持ち帰り調べてみると、敷物の下から精巧な機械が現れる。友人サットン、プラットと共にその由来を調査したところ、それは15世紀の発明家で“悪魔の造形師”と呼ばれた邪悪な発明家の作った恐ろしい装置だった。好奇心を抑えきれず、棺に横たわり機械のネジを巻くカイル。次の瞬間、彼の魂は肉体から抜け出て自分と仲間を見つめていた。そう、この装置は死後の世界を体験できる“ゴーストメイカー”だったのだ! 魂になり好きな場所に行けることが分かり、最初は恐る恐る使っていたカイル達だったが、次第にそれぞれの欲望のまま、幽体離脱を繰り返すようになる。しかしこの装置には恐ろしい代償があった。本来、運命に従ってやってくるはずの死を欺いた報いとして、冥界からの処刑人が彼らを連れ去りにやってきたのだ。火花を散らしながら迫りくる処刑人。果たして彼らは運命に抗い生き延びることができるのか?

原題:BOX OF SHADOWS

自由自在な幽体離脱の方法を手に入れて、私利私欲のために金やドラッグの盗みに走る奴、親友の恋人をストーキングしはじめる奴、棺の謎を解き明かそうとする奴。
まったくの三者三様に行動しているため、メインテーマが何なのかわかりづらい感があるかな…と思います。
ついでに主人公が誰なのかも最初のうちよくわからなかった。

後半の展開だけ見るなら、主人公のドラッグにまつわるエピソードは余計だし(少なくとも長々と時間を割いて説明するほど重要なディテールではない)、それならサットンに関する描写とか、ああいう風に変貌するに至る伏線の描写に力を入れてほしかった。
棺を巡る三人の物語かと思ったら一人は捨て駒だったし、キャラクターの使い方がこなれてない印象です。
棺の設定自体はガンガン想像力をかきたてられるような魅力溢れたものであっただけに、本当に残念!
いくらでも派手に演出できそうな設定ですが、そうならなかったのは予算の関係性が大きかったりするのかな。

ちなみにパッケージで堂々たるオーラを放つ処刑人とやらは作中では特に重要な存在ではないので、ファイナルデスティネーション的な超自然VS人間を想像すると肩すかしを食らいます。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ