殺人鬼と宇宙人とうさぎ。

Category Archives: アニマルパニック

ピラニアシャーク(2014/アメリカ)


新たな生物兵器として研究開発中の異種交配ザメ、通称「ピラニアシャーク」。ある事情で開発計画が頓挫し、多額の損失を出した開発会社はピラニアシャークを家庭で飼えるペットとして一般向けに売り出すことに。すると物珍しさに注文が殺到、大量のピラニアシャークたちが出荷されていく。しかし、彼らの生命力と繁殖力は半端なかった!ニューヨークの下水管に放たれたピラニアシャークは、街中の配水管をめぐりとてつもない勢いで繁殖し、殺戮マシーンと化す。この非常事態に米軍はニューヨークへの核攻撃を宣言。市民に避難命令が下される。ピラニアシャーク唯一の弱点を発見した害虫駆除業者のジャクソンたち3人は、ニューヨークを救うために立ち上がる!

原題:Piranha Sharks

ながら見してた影響もあるのでしょうが、キャラクターの相関と設定がよくわからない。
特におっさんキャラが全員小汚くて冴えないという点で見事な共通を見せており、いったい誰が誰なんだか……。

内容的はかなりスカスカ。
その時々によって体の大きさが何十倍単位で変わりまくる中途半端な出来のピラニアシャークのCGとシュールなネタで笑いを取ることに終始しており、パニックやグロに期待するとものすごくガッカリすること請け合いです。

アニマルパニックムービーのくせに襲撃シーンがほとんど無いし、ピラニアシャークを下水に放流するシークエンス(恐怖の序章を示すシーン)とかも無いし、そもそもピラニアとサメが合体することによる魅力を全然アピールできてないし、こりゃいくらなんでも予算と計画が足りてなさすぎ。

まったくもう、なんでこの惨状で見切り発車してしまったのか!
あとからジワジワくる小ネタの数々は嫌いじゃなかっただけに、人食いシーンがもっとしっかりしてれば格段に評価も上がっただろうと思う。
サメなのに小さい、しかもウジャウジャ…って着眼点自体は新しくてイイのにもったいない。

わかってやってるバカ映画のわりにパンチ力不足。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ザ・ベイ(2012/アメリカ)

メリーランド州チェサピーク湾にある、昔ながらの海辺の町クラリッジ。そこでは、水こそが地域の原動力となっている。ある日、2人の海洋学者は湾の水に驚くほど高濃度の毒性があることに気づく。彼らは市長に警告するが、静かな町にパニックを起こすまいと市長はそれを無視する。7月4日、町は独立記念日を祝うカーニバルムードに包まれ、たくさんの人々の笑顔で溢れていた。しかし、その風景は一瞬にして惨劇へと変わる。チェサピーク湾に疫病が発生。人々は精神を、ついには体中を蝕んでいく突然変異した寄生虫の餌食となる―――!

原題:THE BAY

耳の後ろがぞわぞわするような、気持ち悪い映像がてんこもり。
ホラー的な『怖い』じゃなくて『気持ち悪い』を狙った映画です。

取り扱ったテーマは寄生虫。
「ないわー」となりがちなテーマですがリアリティあるものに仕上がっていてぞわぞわしっぱなしでした。
ただ寄生虫が皮膚を食い破って出てくるような直接的な映像になると急に嘘っぽくて…やっぱりないわーって感じでした。

それに車の後部座席に感染者が潜んでるって展開はギャグでやってるのか…!?
これってそういうホラー映画でしたっけ。
前半はリアルに作り込んであっただけに、どんどんボロボロになっていくのがもったいなくてならない。

実際に撮影したカメラの映像を繋ぎ合わせているという演出にも関わらず、SEが入るのもよろしくないと思う。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ヒート・ストローク(2013/南アフリカ、ドイツ)

ヒート・ストローク [DVD]
ヒート・ストローク [DVD]
mobileヒート・ストローク [DVD]

ハイエナを研究するポール(スティーブン・ドーフ)の恋人タリー(スヴェトラーナ・メトキナ)は、彼の研究でアフリカの砂漠へ同行する。ポールの前妻との娘、反抗期のジョー(メイジー・ウィリアムズ)もその旅に同行することになるが、ジョーのわがままで結局ポールは、テントにタリーを残し娘と車で空港に向かう。食料も水も残りわずかになり、数日経っても帰ってこないポールを待てず、テントを出るタリーだが、少し離れたところで見たものは銃で撃たれたポールの死体と、血だらけのジョーだった…。密猟団と接触してしまったタリーとジョーはその後、命を狙われることに。灼熱の砂漠と、ハイエナ、そして砂嵐…。無事、生き残ることができるのか! ?

原題:HEATSTROKE

サバンナで恐怖をもたらす動物をハイエナ1本に絞ってるのが珍しい。
ライオンやなんかと違ってあまり馴染みのない動物なので、どういう行動をとっていても不自然さを感じないのは利点だと思う。
それもただ珍しいから起用されただけではなくて、ちゃんとストーリーに絡んでいるところも嬉しいですね。
ところでハイエナって耳までもふもふしてて可愛いのね!

それに比べて密猟者ときたら魅力はないし行動はヌルすぎるし、せっかく捕らえた主人公にもあっさり逃亡されるしでダメダメの極み。
でもかといって徹底的にプロさせると今度はそれを切り抜ける主人公たちの強運や強さについて「ねーよ!」なんてツッコミが入りがちなので、こういうのはさじ加減の難しいところなんでしょうね。

主人公の髪やメイクがいつでも小奇麗なままというのも違和感ありました。
同時に、内面にもリアリティが感じられない。
身近な人の死を前にしてまず『享受』から入るなんてのはあり得ないし、それが悲しみや怒りの段階に転化する瞬間が訪れないのもありえない。

反抗期の娘と父親の再婚相手が仲良くなったところで、肝心の父親が死んだんじゃ意味ないし。
なんだかうまく煙に巻かれたような、腑に落ちないエンドでした。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ジュラシック・ブリーダー(2013/アメリカ、ロシア)


アメリカ・テキサス州郊外に位置する何もない町“フォッシルリッジ”。いつの日かこの田舎での生活から抜け出す事を夢見て日々を過ごしているアビー。しかし、亡き母の残した借金の肩代わりに、町のドライブイン&レストランでのバイト生活を強いられていた。ある日、地元で謎の殺人事件が発生。遺体は、鋭利な刃物で切り刻まれたような不可解な損傷を受けていた。現地警察が動き出すが、原因は特定されず、秘密裏にFBIが調査に乗り出していた。町に流れる不穏な空気―そんな矢先、ドライブインに若者たちを乗せたガス欠の車がやってくるが、あいにくスタンドではガソリンを切らしていた。困り果てた若者たちを助けようと、アビーは、ガソリンをもらいに若者を引き連れ、町の外れの牧場へ向かう。しかし、その夜の田舎町は何かが違っていた。そこには、アビー達をつけ狙う怪しい影が・・・。

原題:RAPTOR RANCH

変態のおっさんが飼ってた恐竜が逃げ出して町中がギャー!ってなる…と思いきやおっさん宅の敷地内だけで人が襲われる死ぬほどスケールのちっさいパニック映画

つまんない原因はいかにも予算不足を伺わせる舞台の広がりの乏しさはもちろんのこと、魅力のカケラもないキャラクターたちの責任が大きいとみた。
なにせ見た目が濃いわりに行動は没個性的で、特にどういう活躍をするでもなくみんな同じように食われて死んでいくだけ。
唯一生かされているのは主人公の『弓矢が得意』設定くらい?

ついでにストーリーらしいストーリーも無しではフォローの入れようがないです。
それならそれでゴア描写に力を入れるとか、恐竜を格好良く見せることに注力するとかさぁ!

どうやって恐竜を蘇らせたのかとか蘇らせてどうするつもりだったのかとかの説明を一切省いているのは許す。
でもだったらだったで浮いた時間を何かもっと有効なことに使いたまえよ!
相次ぐ殺人事件を調べにきたFBI2人も全く役に立たない(それ以前に現場にもいない)し、何のために出てきたの?

ラストは爆発で始末→でもまだ生き残りの恐竜がいました~☆のいつものパターンです。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

シャーク・アタック!!(2011/アメリカ)


海底地震により、地底で眠っていた“スーパーシャーク”が覚醒。水中だけでなく陸上でも猛威を振るう巨大生物に、海洋生物学者のキャスリーンは米軍と共に撃滅作戦を展開するが…。

原題:SUPER SHARK

これはすごい。ありえる箇所が一つもない。
なにか一つくらいはあるだろうと探してみたけどマジでなにもない。
さすがはB級Z級映画の巨匠と名高いフレッド・オーレン・レイ監督の作品やでぇ…とわたくし感嘆するばかりでございます。

それでも「ありえなくて面白い」まで昇華できていればそれはそれで名作になり得る余地もあるのですが…。
突き抜けるとこまで行っちゃえばいいものを、変に生真面目さを残しちゃってるのがダメダメです。
こんな映画で恥じらいを残してどうする!何もかもかなぐり捨てろ!

e0034633_133237

3ff1997504cc4efab1a9353e64768b82
おすすめは水着美女がいっぱい出てくるところですね。彼女らを目当てにするなら悪くはないです。きっと長年の経験から露出っぷりのいい女優さんを捕まえる術に長けているのでしょう。

08
mtiAbq7pU71dk4uuLeoAlagvfyv
あ、あと絶妙にダッサイ四足歩行ロボも大好きです!

1435531__super.shark.2011.x264.bdrip.720p_077241_17_19_07_
あくまでもサメ映画としてサメだけを見たいのよ!という方は予告編だけチェックしましょう。そこにすべての見所が詰まってます。レンタルはしなくておっけー★

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

シャークネード(2013/アメリカ)


太陽が照りつけるカリフォルニアのビーチは、いつもの賑わいを見せていた。一方、史上稀にみるハリケーン“デビッド”がメキシコ沖から急速北上。急激な海流の変化で、突如としてサメの大群がビーチに現れる。サーファーのフィンは、サメの出現にいち早く気付き人々を避難させるが…。

原題:SHARKNADO

飽和状態の鮫映画界(?)は発想勝負が目立ってきましたね。
最近の鮫は頭が二つあったり空を飛んだり砂浜の中を潜ったりとなんでもアリなので、もはや腹をこすりつけそうな浅瀬を泳ぎ回ってるくらいじゃ驚かなくなりました。
多分登場人物たちも同じ気持ちなのでしょう、鮫がどこに出現しようが当然のように受け入れます。鮫が空から降ってくる異常気象さえも、彼らの中では日常の範疇です

代わり種の鮫とのバランスを取ろうというのかストーリーもかなりパワフルで、起承転結の真ん中を引っこ抜いたような展開がずっと続きます。見所盛りだくさんどころか常にクライマックス状態です。
そんなふうにドカドカ詰め込んだ劇的なトラブルのインパクトが強すぎて、主人公一行の目的が解らなくなる事もしばしば…

突っ込みどころが多いんじゃない、突っ込みどころしか無いんだ。
でも正直このダイナミックかつテキトーな感じが嫌いではないです。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ビーチ・シャーク(2011/アメリカ)


静かな島・ホワイトサンドのビーチでパーティーを開催していた若者のひとりがサメに食いちぎられるという事件が発生する。しかし、現場は海中ではなく満潮のラインをはるかに上回る陸地だった。

原題:SAND SHARKS

ちょっと待って待って。
魚類の定義ってなんだったっけ?

私はこんなに混乱してるのに、なんでこの映画の人たちは平然としてるの?
もっと「いやいやいやいやwwwwwwwww」くらいの反応が欲しいよ!
なんか砂浜を泳ぐ鮫の存在が世間では当たり前なのに私だけが驚いてるみたいで恥ずかしいじゃん…

そんな謎の生体について一応生物学的な理由付けがあるあたり真面目な人が作ったんだと思いますが、そんな真面目さはいらない。
むしろ「なんでか知らんけどこの鮫砂浜を泳ぐぞ!?」くらいがいい。
こういう映画を作るのに変に照れてちゃイカンよね。

逆に登場人物たちについては決定的に説明不足で、それは設定の詰めが甘いのか、それとも単純に役者の演技が下手なのか。
人手不足はエキストラの数からも窺え、少なくとも1000人以上が集まっているはずのビーチパーティーの図はどこから見てもスッカスカ、しかもその後のパニックシーンでは、あっという間に画面から人がはけるのは不味いと思ったのかエキストラに画面をぐるぐる走り回らせるという涙ぐましい努力まで……

せっかく思いついた設定だからってのはわかりますが、陸地にこだわりすぎて水中の映像がほぼゼロなのもいただけません。
海の中はもちろん危険、でも陸に逃げても襲われる!という絶望コンボを描かないなんてもったいなすぎます。

バカが海で鮫に追いかけられる→陸地に逃げて「これで安全ウェーイwww」→砂地から鮫がズバァッ!…の流れが見たかったなあ。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

スパイダー・シティ(2012/アメリカ)


自然豊かなルイジアナ州を襲った地震。その地震により巣穴を奪われた巨大グモたちが、地上に出て人々を襲い始めた! 父の経営するツアー会社で働きながら、お気楽な生活を続けていたポール。ポールはバスツアーのガイド中に巨大グモに遭遇。ツアー客の一人である生物学教師ケイトリンの知識にも助けられながら、客たちを守ろうと奮闘する。そして愛する人を失ったポールはついに、命を懸けて女王グモに立ち向かうのだった。

原題:Arachnoquake

自然豊かなルイジアナっつってんのにこのパッケージなめとんのか。

もちろん蜘蛛の大きさもこの図には遠く及ばず…。
普通ではないけど巨大と呼ぶにはほど遠い中途半端なサイズで見た目に迫力が無いです。おまけに出てくる数も心もとない。

しょっぱなからウワァー!な感じですが、本編も負けず劣らずツッコミどころだらけでした。

・蜘蛛に噛まれた知人が目の前で全身爛れさせてても救急車すら呼ばないバカ
・蜘蛛につられてわざわざ地割れの近くに走り寄るバカ
・さっきまで俊敏に動いてたくせに急に弱るジジイ
・目の前で母親が発作を起こしたのに「あら吸入器がないわ、買いにいかなきゃ(面倒そう)」とまるで心配する様子をみせない娘と息子
・妻が発作を起こしたという知らせを華麗にスルーする夫
・そもそも発作の割にはちょっと痰が絡んだだけにしか見えない
・登場人物の感情表現が軒並みフラット。っていうか演技がヘタ
・蜘蛛が迫ってきてるのにわざわざバスから降りる
女王蜘蛛が死ねば他の蜘蛛も全部死ぬという謎理論
・しかも本当に死んだ
・おこがましくも『ディープ・ブルー』のパロとか入れちゃう

もうここまできちゃったら蜘蛛が水面走ってるくらいは些末な出来事かなって!

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

ピラニア リターンズ(2011/アメリカ)

古代ピラニアたちがスプリング・ブレイクを襲ってから1年後。湖は封鎖され、血に飢えたヤツらは新しい住処を探して旅立ち、新たにオープンするウォーター・パーク“ビッグ・ウェット”へと辿り着く。そこは、能天気な若者たちが集うべく新設されたエッチな仕掛け満載のプールだった…。オープンを迎えた当日、そんな事を知るはずもなく、多くの来場者が訪れた時、前作を凌ぐ惨劇が待ち構えていた! ピラニアの大群が、この世の楽園を地獄へと一変させて血の海と化すなかで、果たして猛威を振るうヤツらの鋭い牙から逃げれる事が出来るのは誰だ!

原題:PIRANHA 3DD

女の子の体に対する偏執狂的なカメラアングルが素晴らしい。執念すら感じる。

『13日の金曜日(2010)』や『スカイ・ハイ』で有名?なダニエル・パナベイカーがきゃわいい。
まぁ脱がないけどね。脱がないけどね……

ピラニアが無駄にデカくなってるけど、“嘘っぽさ”が増しただけで前作のピラニアを超えるものが何もない印象。
数もしょぼければチマチマ食われる恐怖もないなんて…。
何でもでかけりゃいいってもんじゃないんだよ!

思いついたネタをとりあえず繋ぎ合わせてみただけのような話運びはメリハリがなく、どうも押し付けがましさみたいなものを感じてしまう。
映像集の組み合わせって感じで、これは映画としての体をなしていないのでは…
それとこれは単純に好みの問題だろうけど、ところどころネタが滑ってて寒かったなあ。

前作が全力疾走なら今作は時々立ち止まりながらのマラソン。
前作もそこまで好きではないけど、比べると力量の差が歴然。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ

バーニング・ブライト(2010/アメリカ)

バーニング・ブライト [DVD]
バーニング・ブライト [DVD]
mobileバーニング・ブライト [DVD]

ケリーは、母を亡くしてからずっとひとりで自閉症の弟トムの面倒を見ながら暮らしてきた。大学進学が決まり、トムを施設に預けることにしたケリーだったが、母が銀行に残していた預金は、一儲けを企む義父のジョニーがすべて使い込んでいた。その金で手に入れたのは、1頭のシベリアンタイガー。だが、ジョニーはトラの入った檻を家の中に放置したまま外出してしまう。その夜、ケリーが目を覚ますと、目の前に飢えた獰猛なトラが・・・! 超大型ハリケーン襲来のため、外側から完全に窓や扉を塞がれ、密室と化した家の中で、ケリーと弟は果たして生き残ることができるのか!?

原題:BURNING BRIGHT

BURNINGBRIGHT10
この映画の素晴らしいところは、虎を表現するのにCGや着ぐるみに頼っていないところ。
本物のシベリアンタイガー3頭を使って撮影に挑んだそうです。私的にはそれだけで価値があるっていうか、この映画の評価がうなぎ上り。

虎が執拗に二人を狙うのにも『2週間餌を与えられていないから』という納得のいく理由付けがあり、細部のツメがしっかりした映画だと思います。
それだけにオチの投げやり感が際立ってしまっているようにも感じられますが、「だって撮りたいのは虎だし!」という制作者の素直な気持ちが表れていてよろしい。


BURNINGBRIGHT04
そしてこちらが「サファリパーク作って大儲けしてやんよwww」とたくらむアホな義父になります。
アホすぎてケリーとトムの母親が子供たちのために貯めていた大金をすべて使い果たす始末。
しかもケリーとトムの二人に高額の生命保険をかけており、虎を放ったのも故意であることがのちのち判明。

BURNINGBRIGHT02
おかげでトムをケアセンターに入れるというケリーの計画は破綻し、自分の大学生活まで危うくなる。
(っていうか、無駄に豪勢な家の調度品かなにかを売ればそれなりの金額になりそうだけど…)

BURNINGBRIGHT03
ケリーがこの世の不幸を一身に背負っていて胸が痛い…。

義父は清々しいまでのクズだし、その弟トムは(自閉症だから仕方ないとはいえ)やっぱり地味にイライラさせられる。
自分の思い通りにならないことがあると、たちまちパニックを起こしてギャーって叫ぶの。どう考えても虎よりトミーのがうるさい(;´Д`)

BURNINGBRIGHT08
ケリーにしてみたら猛獣×2をやり過ごさなきゃならないような状況。
自分一人ならなんとか逃げたり隠れたりすることも出来るかもしれないけど、こちらの言うことを聞かない弟をなんとか誘導しながら一緒に行動しなきゃならないんだから難易度ハードモードってレベルじゃない。
私なら間違いなく見捨てるわとか思いながら観てました。ケリーさんまじ聖女。

BURNINGBRIGHT07
外に出ればええやん?と思いきや、ハリケーン襲来に備えて家中に板が貼り付けてあるためそれも叶わず…っていう設定も、なるほどありえそうですんなり受け入れられる。

BURNINGBRIGHT05BURNINGBRIGHT06
全然笑う所じゃないんだけど(ランドリーシュートの中で手足を突っ張って耐えるケリーを下から覗き込む虎の図)ごめん、笑った。膨らんだ口のωがかわいいなオイ。
動きや表情など、よくよく見ると『しっかり調教されたお利口さんの虎』であることがわかってしまいます。
でも!!それでも!実物を使っているところに意義があるんだ!!!

BURNINGBRIGHT09
ケリーの演技や映像のカット割りが『エイリアン』意識してるっぽい…??と思えたので、ファンの方はそのへんチェックしながら観てみると面白いかもしれません。

0

ランキングに参加しています

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ にほんブログ村 小動物ブログ パンダマウスへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ