4月 22 2014

おとぎばなし4

しかくいうさぎ
しだれ桜と夜光虫
白夜のパレード
にこにここねこ
あなたのいない世界なら欠片だっていらない
跳ねる鍵盤
真冬の蛍
息をするように恋をした
だから今すぐキスしよう
やさしい怪物、あるいは、

ピンクの粒子
ごめんね、好きになったみたい
雨待ち夕暮れ
賑やかなモノクローム
黄昏キャンディ
うさぎは哲学する
i miss u 2


4月 22 2014

おとぎばなし3

くるくるくりかえす
東の海にダイヤモンド
構って攻撃
蜘蛛の巣に真珠
好きなものだけ拾って集めて、またあした。
好きなものが沢山ありすぎる
へんてこな声で鳴く猫と、僕が過ごしたひと夏の話
金魚のきもち
嫌いよりも、好きの方がちょっとだけ多い
対岸の白い花

トロピカルフィッシュ
星が息衝く時
春恋し
お伽の国で会いましょう
欲しいもの、ぜんぶぜんぶ。
日輪の髪飾り
酸欠気味の恋模様
花籠に星を拾い集めて
砂糖菓子の星
くらげとリボン

深海の花
なわとびにゃんこ
水鉄砲から虹色
無意識に恋慕
薬指にスピカ
夜更かしとホットミルク
星屑アリス
砂糖水と揚羽蝶
硝子の森
みずいろの星

きらいきらいきらい、きらきら
あなたに降る夢
花と荊
ひだまりにライオン
メイプルシュークリーム
窓明かりが咲く頃に。
海底プリズム
琥珀色の明かりと涙
悪夢のない世界でおやすみなさい
蝶と白い風船

純白ミント
ビスケットポップス
祈りのまなざし
ずっと恋をしている
人魚が産まれた日
真夜中に光を。
私はあなたと生きていたい。
夢の中であなたを探す
君の生き方がとても愛おしいと思う
今日だけ少女でいさせて


7月 19 2013

おとぎばなし2

黒ねこのハロウィン
永遠を欲するということ
シュガーポットの中の海
一匹狼の兎
道化師の鋏
夜に泳ぐサカナ
朝と夜の庭籠
露草の冠
朝が見ていたわたし
荊の鳥籠

ぜんまいじかけの小鳥
まわる、まわる、朝と夜
その嘘と、真実を超えて
銀色のライオンと金色のウサギ
夜を塗り替える腕
きんいろに溶ける、夢
星屑の王冠
がらんどうの庭
うたかたの夢を恋う
しあわせで満たして

そらいろドロップ
時計仕掛けの森
三日月の揺り籠
しあわせな夢を紡ぐひと
白い世界で君だけを捜すよ
おとぎ話を探す旅
きみを乗せた馬車が駆ける
透き通る青の奥
午下がりの内緒話
春を待つ街

名前をなくした青い鳥
あなたが手を引く夜
うそつきのやくそく
夕焼けの蜜色
魔法が解けてもそばにいて
ヒューマノイドは愛を知るか
疑うことをやめた日
穏やかな晴れ間はとろけて消えた
ガラス張りの月
ガラスコップに浮かぶ月

春の宵と降り注ぐ流れ星
夕映えは眠らない
幸福の破片
限りなく透明な雨が降る
二人だけの境界線
孔雀の羽は夕日に燃える
まだ赤い果実
コンクリートの地面で雨が弾けて、
万華鏡の日々
三日月の端っこにしがみついて


7月 19 2013

おとぎばなし1

流れ星の矢
少女の為に降る星
飴色の夢
本の中に閉じ込めた想い
賑やかなティータイム
撥条仕掛けの人形
月の色をしたお砂糖
夜をなぞる指
銀色のさかな
三日月と金色の瞳

童話の森
絵本の国のアリス
恋と嘘とお伽噺
星屑のランタン
月明かりと雪明かり
目を閉じて、夢を数えて
星を数える夜
流星を拾い集めて
ひとことの魔法
金色の灯火

雨時々、粉砂糖
水槽の鳥、籠の魚
月明かりとデート
星屑の王冠
朝と夜のおはなし
白い鳥のおとぎばなし
白いうさぎのおとぎ話
雨粒を閉じ込めたカレイドスコープ
永遠すら差し出せる
満たしてくれるなら君がいい

帰り道は別の色
場違いなデート
マナーモードの恋
星降る窓辺のおとぎ話
水たまりの中に青空を探す
そんな幸せな夢
白い絵の具の使い道
閉じ込めていたはずの喜び
茹ですぎた恋愛感情
春を恋う魚

春にうずめる
砕けない月、枯れない星
真夜中に咲く夢
夜の太陽、昼の月
吐き出す息の白さをおいかけて
優しさに目隠しを
白い夜が眠る揺り籠
永遠が棲む青
丸い空と鳥
巡礼者の花冠