4月 22 2014

いきもの2

しだれ桜と夜光虫
にこにここねこ
真冬の蛍
うさぎは哲学する
サカサのサカナ
胡蝶を砕く
お行儀の悪い子猫
殺人うさぎの憂鬱


4月 22 2014

韻を踏む

ハウリング・ローリング
パッション・セッション
がむしゃらガムシロップ
モンタージュ・ナラタージュ
ウソツキキツツキ
ロマンティックノイローゼ
アンチテーゼノイローゼ
エトランジェ・エトワール
ディレッタント・アシスタント
フローティング・ライティング

ハニー・バニー
ヒステリック・アンジェリック
ビター微糖
優麗な幽霊
モラトリアム・メモリアル
コーリング・フィーリング
ヒプノシス・シノプシス
プラタナス・プラネット
クラッシュ・クライシス
緻密な秘密

冷凍微糖
音色に寝入る
水中垂直睡眠
デンジャー・ストレンジャー
ラビット・ラビリンス
メロウメロディ
クリックドロップトラップ

あくまでもリズム感重視です


4月 21 2014

相反し寄り添う世界

朝が息を吹き返すとき
夜が鼓動を止めるとき

きみの居ない昨日
ぼくの居ない明日

真夏日と、溶けだす氷
真冬日と、凍りつく窓

搦め捕られる糸(意図)
打ち砕かれる石(意思)

あなたは最初からすべて知っていた
わたしは最後までなにも知らなかった

ひとりを厭う
ふたりも疎む

近すぎて触れない
遠すぎて眩しい

好きじゃないけど愛してあげる
愛しているなら嫌いと言って

とある愚者の記述
とある賢者の独白

勇敢な兎
臆病なライオン

生まれ来る庭園
朽ち行く廃園

私のためだけに生きられないならいらない
あなたのいない世界なら欠片だっていらない


7月 21 2013

セリフ

「レバーは引く為に、スイッチは押す為に、ゴムは引っ張る為にあるのです」
「退屈は人を殺すって言うし、ねえ?」
「呼ばないで、そんな声で呼ばないで」
「もっと呼んで。私の名前を叫んで」
「なんなのAちゃんツンデレなの? 私の事好きなくせにー」「は?」「真顔かつ素で返すとか鬼かお前は」
「ねえ、抱きしめてもいい?」「どうしていちいち聞くんだ」「いや、だって刺されたくないし……」「好きにすれば」
「昨日さあ」「うん」「あんたに追っかけられる夢見た」「……」「しかもものすごい全力疾走だった。すっごい本気のフォームだった。あんた何か私に恨みでもあるの? そうなの?」「……」
「なんで猫に埋もれてるの?」
「だって私、爬虫類派だし」
「好きよ」「えっ」「私も、本。好き」「あ、ああ……」

「喧嘩って同じレベル同士の間にしか発生しないって知ってた?」
「わ、びっくりした。ただいまー。……ずっとドアの前にいたの?」
「なにその近年まれに見る芸術的な寝癖は」
「ねえ、手の冷たい人は心があったかいって言うよね。じゃあ私は逆なのかな?」


7月 21 2013

そんなお話

目が覚めたら部屋が逆さまになっていた話
夢の中で夢を見ている夢を見た話
悪食の殺人鬼に出会った話
白ネコと黒ウサギと鍵盤の話
わたしと彼女と風船の話
あたたかな蝋細工の話
蟻の行列とサイダーの話
無口な恋人と坂道を競走する話
どうしても思い出せない去年の話
自分の尻尾を喰った蛇の話

うさぎの鼻に時間を奪われた話
死してなお孤独に蝕まれ続けた少年の話