4月 21 2014

相反し寄り添う世界

朝が息を吹き返すとき
夜が鼓動を止めるとき

きみの居ない昨日
ぼくの居ない明日

真夏日と、溶けだす氷
真冬日と、凍りつく窓

搦め捕られる糸(意図)
打ち砕かれる石(意思)

あなたは最初からすべて知っていた
わたしは最後までなにも知らなかった

ひとりを厭う
ふたりも疎む

近すぎて触れない
遠すぎて眩しい

好きじゃないけど愛してあげる
愛しているなら嫌いと言って

とある愚者の記述
とある賢者の独白

勇敢な兎
臆病なライオン

生まれ来る庭園
朽ち行く廃園

私のためだけに生きられないならいらない
あなたのいない世界なら欠片だっていらない