7月 19 2013

いろいろ2

決して壊れない言葉が欲しい
硝子張りの迷宮
白銀の時計
夜明けを待つ街
無秩序な夜のなかで
東の海に落ちる月
なみだの結晶
四角い部屋と魚
最後の夜が眠る場所
あの瞬間に限って言えば、僕のことばは嘘ではなかった

観覧車から見上げた空はあまりにも近かった
遠ざかりゆく冬があまりにも寂しかったので
一等星はまだ見えない
地球がとまればいいのに
無限の糸を手繰り寄せ
足りない欠片を探すには今宵はあまりに眩しすぎる
共鳴メカニズム
秋の霜
衰えゆく夏の日々に
溜め息の影が君を捕らえるとしても

三角形の宇宙船
底意地の悪い指先
感情の芽を迷わず摘み取る
羊の額
鳥の睫毛
犬の背中
猫の前足
皮肉っぽい天使
喜劇の積み重ね

8週目の夜をつかまえに
舌足らずで一言多い
明日をリセット
夕焼けに消ゆ
あと一分足りない
摘み取る罰
昼下がりの幽霊
皮肉合戦
玄関を開けたらそこは宇宙だった
罪の果実は青かった

アルファベット・クッキーで綴った
青白い満月が浮かんでいた
緩慢な告白
蠱惑する声
予想はするけど煩悶はしない
考えることを諦めた訳じゃない
盤上の取り決め
0と1でしか伝わらない
生き急ぐ蝉の叫びがあまりに切なかったから
不可解なメールがすべての始まりだった


7月 19 2013

人と人2

くだらない別れ話を笑い飛ばして
彼女と彼女の言い分
なんて不器用なんだろう、私も、あなたも。
分かち合えるなら退屈も悪くない
「ちょっと通り掛かって」なんて、嘘ばっかり。
一度だけ、キスをしてください
今さらどんなあなたなら愛せないというの
私の好きな人は、私のことが好きではありません。私が女だから好きにはなれないと言うのです。
どれだけあなたから遠ざかれば、あなたを守れるのでしょう
好きなだけじゃどうにもならない事もあって、私たちの関係はつまりそういう類いのものだった。

絡めた指をほどくと決めた日
きっと君がすべてだった
閉ざされた目蓋の裏で、わたしたちは同じ祈りを孕む
柔らかな窓辺、君がいない、君がいない、君がいない。
溜め息の影が君を捕らえるとしても
二人だけの境界線
好きだと言ってみたら思わぬ結果になった
明かりがないと眠れないVS真っ暗じゃないと眠れない


7月 19 2013

愛と恋

私は愛する者を二度殺す
ヒューマノイドは愛を知るか
愛情オーバードーズ
今さらどんなあなたなら愛せないというの
くすぐったい愛情
どうしても正しく愛せない
親愛なる魔女よ。
どうか私の愛情を理解して
さあどうぞお好きなように愛して?
茹ですぎた恋愛感情

きみは愛を歌わない
うたかたの夢を恋う
春を恋う魚
ひと欠片のお砂糖と恋心
あなたを恋う、そして乞う。
恋と嘘とお伽噺
マナーモードの恋
それはそう、この身を切り崩して与えるような恋だった。
恋慕に似たこの感情の、しかし決定的に恋とは違うところ
初恋は実らないなんて嘘だった

恋の側面
春恋し
今のわたしたちに恋人同士という関係をプラスしませんか
酸欠気味の恋模様
息をするように恋をした
ずっと恋をしている
君の生き方がとても愛おしいと思う

『愛』『恋』のいずれかが含まれたお題です


7月 19 2013

さよなら

二度とは口にできない言葉
届くことのない手紙
きみがいない楽園
色褪せた体温
夜に生きられぬ花
二度とは戻らない過去に縋る
ありもしない来世で逢いましょう
同じ季節を見ていると信じていた
僕を憎んでほしいと願うけれど
私ならもっと上手に裏切ってあげられるのに

すべてを知っていながらも私たちはさよならをする
どれだけあなたから遠ざかれば、あなたを守れるのでしょう
それでも私は彼女が好きだった。
二人きりで最期の晩餐を。
私を好きだと言ったあの子はもういないけど
だってずっと一緒になんていられない
いつか訪れるさよならの1日前
あなた以上に大切なものなんて何もなかった
わたしが追いかけていたあなたの背中はもうどこにもありはしない
柔らかな窓辺、君がいない、君がいない、君がいない。

春でもなく夏でもないその日、私は死んだ
絡めた指をほどくと決めた日
くだらない別れ話を笑い飛ばして
宙に消えた声はもはや誰にも届かない
世界の終焉はオーロラとともに


7月 19 2013

いろいろな“夢”

悪夢の中で繋いだ手は
真夜中に咲く夢
飴色の夢
きんいろに溶ける、夢
うたかたの夢を恋う
しあわせな夢を紡ぐひと
目を閉じて、夢を数えて
そんな幸せな夢
白日の夢に捧ぐチャコーナ
白昼夢をなぞるクラコヴィアク

ボイラー室と悪夢
思いがけない初夢
一年周期の悪夢
壊れた時計が見る夢
爪先だけ踏み入れた悪夢
今も色褪せた夢の中で生きる
寂しがりやの悪夢
虚ろな夢に沈むわたしを、もう一度掬い上げて
セピア色の夢の中で、わたしの目蓋は開かず、今も尚色褪せたあの時のまま
夢の籠に横たわる荊姫は、もう明日を知る事もないのでしょう

悪夢のない世界でおやすみなさい
あなたに降る夢