7月 21 2013

よとぎばなし3

不完全さを持ち寄れば
世界の終焉はオーロラとともに
愚かにも邂逅
穏やかに朽ちる
こんなに苦しいなら永遠なんていらなかった
何も失わずに大人になる事はできない
明日なんて来なければいいのに
優しい言葉が出てこない
その憎しみだけが、私を支える全てだと言うのならば
哀れみのナイフ

名前を無くした夜の為の挽歌
鐘の音で終わらせて
優しさに手枷
ほら、もう間に合わない。
泥水をすする
終わりなんてないと、そう言って
濁った声で囁いて。
リリスは嗤う、私のために
ああわたしが、享楽に耽る人形であれたなら。
フシギな世界の気狂い時計。針はどっちにまわってる?時間はどこに向かってる?

心臓を縫う糸は、蘇生する躯を貫き縫いとめ愛撫する。そして今日も、静かなる跫音が響く
The Seducing Woods
吸血鬼と殺人鬼
引き裂く劣情
泥に濡れた赤い靴
不完全に陶酔
屍に献花
骨が軋む
花散る、そして、残ったものは
鋼の獣は笑わない

錆びついた靴
ぎこちなくてもまだ踊ってる
泳ぎ方ももう忘れた
もう帰れないと誰かが囁く
秘めやかな傷
うぐいす一羽、冬に相果つ
黒でいられるはずだった
荊の牢獄
唄わないラジオ

※邂逅……思いがけず出会うこと
※The Seducing Woods……『迷子の森』。誘い込まれたあと、悪い事が待ち受けているニュアンスを持つ。
※相果つ(あひはつ)……死ぬこと


7月 21 2013

ホラー

かかげた心臓
屍肉と燃える爪
溶ける両腕
眼窩に雪
転げ落ちる頭蓋
回転木馬で轢死
首切りうさぎ
空虚な肺
赤い羽根の背中
引きずり出された胸の内

噛み千切っておくれ
打ち砕いて、この骨を
人喰いの丘
腐敗の水際
切り落とされた踵
隙間から視ている
眼球にフォーク
縦並びの眼


7月 21 2013

ホラーな予感がする23題

チェーンソーと鬼ごっこ
ハロウィンの夜とナイフ
鉈と伸ばした右手
真夜中のテレビと砂嵐
セックスとドラッグと風紀委員
ボイラー室と悪夢
雪山で金貨を拾いました
井戸の底と呼び声
遊泳禁止、真夜中の湖
私・オブ・ザ・デッド

目が覚めたら箱の中
つぎはぎだらけのおともだち
2001人目の狂人
霧の中から御出でるもの
子羊の叫喚
血まみれゴルフ場
暗闇食らう妖精
かぼちゃ頭がやってくる
ブラッディ・メアリー
23年に一度の謝肉祭

優しい包帯男
覆い隠せば隠すほど、僕は怪物になっていく
ディナーはチェーンソーの唸りと共に

既存のホラー映画をモチーフにしています


7月 19 2013

よとぎばなし2

地下室の夜空
嘘の境界線
届くことのない手紙
躯を抉る月光
閉ざされた瞼の裏側で
名前をなくした夜の話
きみがいない楽園
百年の眠り
夜に潜むタナトス
昨日も明日も無くす君の抜け殻

鳥籠の中のアンビバレント
色褪せた体温
薔薇色の灰
夜を焦がす体温
砂時計と夜の瀬
夜に生きられぬ花
いつか孤独を殺す猫
ティーカップに沈む涙
一年周期の悪夢
目隠しの夜

懐疑的な指先
二度とは戻らない過去に縋る
壊れた時計が見る夢
明日には忘れてしまう約束だとしても
縛り付けた願い
逆さまの楽園
犠牲の羊を撃ち殺す
見破れない嘘
9月に私は死んだ。
嫉妬の狼、怠惰の兎

世界中のなによりも退屈を厭う
とある賢者の死
鈍色の花を摘み取る
その日、わたしの心臓は食べられた。
犠牲の羊
象牙色の嘲笑
空の色など知りたくもない
消えた死体たち
楽園に届かない
箱庭でしか咲けない花のように

錆びた目蓋は瞬かない
果樹園と罪人
宙に消えた声はもはや誰にも届かない
楽観的な考えに縋り付く
おごそかなエゴ
死せる町の子守唄
影をなくしたあの子
青空で溺死