7月 21 2013

いろいろ4

オペラ・ゴースト
純白のひとひらを舌で掬えば、
Extraordinary Day
奇妙な共同生活
確かめ合うエピローグ
南校舎の階段、午後三時。
Calling from World
絶景ジェットコースター
分別すら脱ぎ捨てて
蜘蛛だけが見ていた

アインシュタインとアイスクリーム
電波塔から飛んでみて
伸びるゾンビ
絶頂アラクニド
トントン拍子で一回休み
無人の地下鉄
幽霊の苦労話
モノクロームガーデン
迷い猫は煩悶する。
月籠り

ならば理由を探そうか
離れていく春
やがて知ること
約束ごとは水槽の中
ブランコ空中遊泳
雑草でもいい
波間に浮かぶ部屋
機械であればこそ
さかさまピアノ
真夜中の寓話

星沈む
不純と月
時計の無い部屋
白色の鍵盤
青花トカゲ
翡翠を砕く
うたかたの入り江
ネオンテトラはかく語りき
針金の蝶
不死鳥のまたたき

卓上の駆け引き
羅針盤
アルミの翼
ラストフィッシュ
夕焼けキネマ
その言葉は期限切れ。
百葉箱の幽霊
噴水と鳩
一時休戦、間もなく開戦
夜明けの公園にて

※Extraordinary Day……『特別な日』


7月 19 2013

天体、空、風景、天気

観覧車から見上げた空はあまりにも近かった
悲しみがたちまち東の空を覆い尽くした
一等星はまだ見えない
夕焼けの蜜色
ガラスコップに浮かぶ月
春の宵と降り注ぐ流れ星
夕映えは眠らない
八つ目の夜をつかまえに
夕焼けに消ゆ
限りなく透明な雨が降る

あなたの入れてくれる完璧な紅茶や、風を孕んではためくシーツ
空はとうに色褪せた
ガラス張りの月
空の色など知りたくもない
孔雀の羽は夕日に燃える
コンクリートの地面で雨が弾けて、
青白い満月が浮かんでいた
三日月の端っこにしがみついて
3月33日、雨。
青空で溺死

世界の終焉はオーロラとともに
誰も知らない宇宙
まどろむ夕暮れは遠い昔
春は朽ちる
引き裂かれた夜空の隙間
夜明けの黄昏
太陽を喰らう月
凍てつく夜を超えて
無秩序な夜のなかで
最後の夜が眠る場所

少女の為に降る星
三日月と金色の瞳
朝が見ていたわたし
まわる、まわる、朝と夜
夜を塗り替える腕
星屑の王冠
三日月の揺り籠
月明かりと雪明かり
星屑のランタン
流星を拾い集めて

月明かりとデート
雨粒を閉じ込めたカレイドスコープ
星降る窓辺のおとぎ話
水たまりの中に青空を探す
砕けない月、枯れない星
真夜中に咲く夢
夜の太陽、昼の月
白い夜が眠る揺り籠
あなたが手を引く夜


7月 19 2013

いろいろ1

今宵、逃走劇に幕を引く
青色の声が呼ぶ方へ
機械仕掛けの羽を広げて
何もかも同じになりたいの
酸素を求める金魚
白いカラス
少女遊戯
金属のゆりかご
さようなら、また来年
夜が来たなら、一緒に散歩に出かけよう

空の無い世界に咲く花
物語の胎動と無限の森
月が攫った揚羽蝶
千の夜に歌う鳥
地下室の楽園
夜明けの黄昏
縁取られた希望
幻影の森と機械の海
海底の色をした瞳
永遠が棲んでいる場所

正当性を手探る
日曜の夜は暗く、厳かに
閉ざされた水槽
食べ残した思いがのどにつかえるから
さよなら平穏な日々
逆さまの夜
4月1日の真実
埋もれた感情を掘り返す
荒れた指がなぞる輪郭
安息日に嘘はつけない

白い真夜中
寂しがりやの悪夢
不調和の糸を手繰り寄せ
正しいことだけじゃ息が詰まる
嘘つきの約束
二日遅れの奇跡
どろどろに蕩けた空
氷の水槽
泣けない魚
完璧な吐息

日曜日の嘘
一足遅れで訪れた安息日
限りなく白い空
Escape from Nightmare
雪解けと共に消ゆ
東の海は紺色に染まる
白を喰らう黒
太陽を喰らう月
凍てつく夜を超えて
はじまりも終わりも全て聞かせて

※Escape from Nightmare…悪夢からの逃走(脱出)