7月 21 2013

よとぎばなし3

不完全さを持ち寄れば
世界の終焉はオーロラとともに
愚かにも邂逅
穏やかに朽ちる
こんなに苦しいなら永遠なんていらなかった
何も失わずに大人になる事はできない
明日なんて来なければいいのに
優しい言葉が出てこない
その憎しみだけが、私を支える全てだと言うのならば
哀れみのナイフ

名前を無くした夜の為の挽歌
鐘の音で終わらせて
優しさに手枷
ほら、もう間に合わない。
泥水をすする
終わりなんてないと、そう言って
濁った声で囁いて。
リリスは嗤う、私のために
ああわたしが、享楽に耽る人形であれたなら。
フシギな世界の気狂い時計。針はどっちにまわってる?時間はどこに向かってる?

心臓を縫う糸は、蘇生する躯を貫き縫いとめ愛撫する。そして今日も、静かなる跫音が響く
The Seducing Woods
吸血鬼と殺人鬼
引き裂く劣情
泥に濡れた赤い靴
不完全に陶酔
屍に献花
骨が軋む
花散る、そして、残ったものは
鋼の獣は笑わない

錆びついた靴
ぎこちなくてもまだ踊ってる
泳ぎ方ももう忘れた
もう帰れないと誰かが囁く
秘めやかな傷
うぐいす一羽、冬に相果つ
黒でいられるはずだった
荊の牢獄
唄わないラジオ

※邂逅……思いがけず出会うこと
※The Seducing Woods……『迷子の森』。誘い込まれたあと、悪い事が待ち受けているニュアンスを持つ。
※相果つ(あひはつ)……死ぬこと


7月 19 2013

いろいろ3

3月33日、雨。
とは言え地球は丸い。
不可思議な訪問者
完璧な五月とは
落下地点はまだ見えない
掌に残った爪の跡
愛情オーバードーズ
好きだと言ってみたら思わぬ結果になった
ナンセンス・センテンス
残り一枚になったカレンダーと、果たせないままの予定

明かりがないと眠れないVS真っ暗じゃないと眠れない
毛布にくるまって、折り重なる暗闇のセロファンをただひたすらに数えた夜
ただ一人のためだけに寄り添い、守り、存在する
顔のない夢魔は言った、
瞬き一度の間に変わってしまう世界など
それはそう、この身を切り崩して与えるような恋だった。
獣であればこそ
恋慕に似たこの感情の、しかし決定的に恋とは違うところ
寡黙に語る
初恋は実らないなんて嘘だった

8月31日のやくそく
昨日の境界線を飛び越える
誰も知らない宇宙
花運ぶ使者の足音を聞きながら
まどろむ夕暮れは遠い昔
恋の側面
そして私はこの手を差し出すでしょう
きっと自分たちが思うほどに上手には生きていけないだろうけれど。
そんな欲望なんて噛み砕いてあげる
nildesperandum

夜明けのしずく
Moonstruck
I BEG YOU!
フォリ・ア・ドゥ
撥条仕掛けの少女は眠らない
慰みを必要としていたのは、きっと、
最後に笑うのは獣だけ
ヴァルプルギスの夜が明ける
かがり火は燃え尽きた
ユグドラシルの木の実をたべた。

駄目な言葉だけが胸にわだかまって
神の眷属である事を選べばこそ
知っているけど素知らぬふりで。
くだらないこと、みっつめ。
口癖感染
白く凍る指先
乾いたささやき
夢魔の独白
くずれた硝子細工
秘密に沈む

※nildesperandum……ラテン語で『絶望するなかれ』
※Moonstruck……『月の輝く夜に』あるいは(月光が狂気をもたらすという信仰から)『気の触れた』『狂気』
※I BEG YOU!……すがるようなニュアンスで『お願い!』
※フォリ・ア・ドゥ……感応精神病のこと。妄想を抱いたAから、Aと親密な結びつきのある健常者Bへと妄想が感染する現象を表す。


7月 19 2013

いろいろな“夢”

悪夢の中で繋いだ手は
真夜中に咲く夢
飴色の夢
きんいろに溶ける、夢
うたかたの夢を恋う
しあわせな夢を紡ぐひと
目を閉じて、夢を数えて
そんな幸せな夢
白日の夢に捧ぐチャコーナ
白昼夢をなぞるクラコヴィアク

ボイラー室と悪夢
思いがけない初夢
一年周期の悪夢
壊れた時計が見る夢
爪先だけ踏み入れた悪夢
今も色褪せた夢の中で生きる
寂しがりやの悪夢
虚ろな夢に沈むわたしを、もう一度掬い上げて
セピア色の夢の中で、わたしの目蓋は開かず、今も尚色褪せたあの時のまま
夢の籠に横たわる荊姫は、もう明日を知る事もないのでしょう

悪夢のない世界でおやすみなさい
あなたに降る夢


7月 19 2013

あなたとわたしを構成するもの

類似お題:ホラー(グロテスク表現注意)

柔らかな手と手が触れ合うとき
腹に絡めた腕の強さは
暗闇の中であなたの手を探す
悪夢の中で繋いだ手は
世界の終わりまで、手を繋いでいて
ちぐはぐな体温
冷たい肌を擦り寄せる夜
今はまだ遠い掌
夜をなぞる指
暖かな骨

それは傷口に舌を抉じ入れるような
あなたを見つける事にかけては優秀なわたしの目
黒猫のようなあなたと、その眼を欲するわたし
私の肩を濡らした涙のつめたさを忘れられずにいる
閉ざされた目蓋の裏で、わたしたちは同じ祈りを孕む
わたしが追いかけていたあなたの背中はもうどこにもありはしない
絡めた指をほどくと決めた日
その日、わたしの心臓は食べられた。
底意地の悪い指先
象牙色の嘲笑

舌足らずで一言多い
錆びた目蓋は瞬かない
掌に残った爪の跡
そして私はこの手を差し出すでしょう
蠱惑する声
鎖骨に唇
薬指にスピカ
純白のひとひらを舌で掬えば、
泥と爪先


7月 19 2013

人と人1

柔らかな手と手が触れ合うとき
くすぐったい愛情
ゆるやかな呼吸が欲しくて唇を塞いだ
あなたのひと欠片を、私にください
どうしても正しく愛せない
私が笑っても彼は笑わないけれど
腹に絡めた腕の強さは
暗闇の中であなたの手を探す
優しいふりをして騙して
悪夢の中で繋いだ手は

世界の終わりまで、手を繋いでいて
報われない嫉妬
ちぐはぐな体温
ひと欠片のお砂糖と恋心
親愛なる魔女よ。
冷たい肌を擦り寄せる夜
どうか私の愛情を理解して
さあどうぞお好きなように愛して?
あなたを恋う、そして乞う。
それでも私は彼女が好きだった。

二人きりで最期の晩餐を。
同じ季節を生きる
明日からは別の私とあなたになる
10cm先の鼓動
今はまだ遠い掌
坂道を競争
秘密を三つ教えてあげる
取引めいたキス
私を好きだと言ったあの子はもういないけど
嫌いと言って、笑った。

いつか訪れるさよならの1日前
だってずっと一緒になんていられない
あなたを見つける事にかけては優秀なわたしの目
黒猫のようなあなたと、その眼を欲するわたし
私の肩を濡らした涙のつめたさを忘れられずにいる
あなた以上に大切なものなんて何もなかった
あなたの入れてくれる完璧な紅茶や、風を孕んではためくシーツ
わたしが追いかけていたあなたの背中はもうどこにもありはしない
明日なんていらないと言ったら、きみが笑った
果たして嘘つきは君と僕のどちらだったのだろう

今のわたしたちに恋人同士という関係をプラスしませんか
好きにならないための言い訳を繰り返す私をどうか嗤って
きみと一緒にいると二度と朝が来ない事を願ってしまうよ
きっと私たちは正反対で、だけどたった一つだけ同じものを持っている
すべてを知っていながらも私たちはさよならをする
だからね、きみのことが好きなんだってば
わたしの女王陛下
きみのためなら何だって出来ると、そう信じていたあの頃