4月 22 2014

おとぎばなし4

しかくいうさぎ
しだれ桜と夜光虫
白夜のパレード
にこにここねこ
あなたのいない世界なら欠片だっていらない
跳ねる鍵盤
真冬の蛍
息をするように恋をした
だから今すぐキスしよう
やさしい怪物、あるいは、

ピンクの粒子
ごめんね、好きになったみたい
雨待ち夕暮れ
賑やかなモノクローム
黄昏キャンディ
うさぎは哲学する
i miss u 2


7月 19 2013

おとぎばなし1

流れ星の矢
少女の為に降る星
飴色の夢
本の中に閉じ込めた想い
賑やかなティータイム
撥条仕掛けの人形
月の色をしたお砂糖
夜をなぞる指
銀色のさかな
三日月と金色の瞳

童話の森
絵本の国のアリス
恋と嘘とお伽噺
星屑のランタン
月明かりと雪明かり
目を閉じて、夢を数えて
星を数える夜
流星を拾い集めて
ひとことの魔法
金色の灯火

雨時々、粉砂糖
水槽の鳥、籠の魚
月明かりとデート
星屑の王冠
朝と夜のおはなし
白い鳥のおとぎばなし
白いうさぎのおとぎ話
雨粒を閉じ込めたカレイドスコープ
永遠すら差し出せる
満たしてくれるなら君がいい

帰り道は別の色
場違いなデート
マナーモードの恋
星降る窓辺のおとぎ話
水たまりの中に青空を探す
そんな幸せな夢
白い絵の具の使い道
閉じ込めていたはずの喜び
茹ですぎた恋愛感情
春を恋う魚

春にうずめる
砕けない月、枯れない星
真夜中に咲く夢
夜の太陽、昼の月
吐き出す息の白さをおいかけて
優しさに目隠しを
白い夜が眠る揺り籠
永遠が棲む青
丸い空と鳥
巡礼者の花冠


7月 19 2013

巡り巡る季節で16題

あまりにも賑やかなお正月
思いがけない初夢
バレンタインは日曜日
理不尽なホワイトデー
坂道を駆け下りる卒業式
3つ嘘をついたエイプリルフール
坂道をのぼる入学式
あの人の代わりは難しいと痛感する母の日
銀色の午後に染まる梅雨
忘れかけていた父の日

雨天決行の七夕
肌寒い海の日に
初めて尽くしの夏祭り
満月を待てないお月見
ハロウィンはホラーの予感と共に
あなたが手を引くクリスマス


7月 19 2013

いろいろ1

今宵、逃走劇に幕を引く
青色の声が呼ぶ方へ
機械仕掛けの羽を広げて
何もかも同じになりたいの
酸素を求める金魚
白いカラス
少女遊戯
金属のゆりかご
さようなら、また来年
夜が来たなら、一緒に散歩に出かけよう

空の無い世界に咲く花
物語の胎動と無限の森
月が攫った揚羽蝶
千の夜に歌う鳥
地下室の楽園
夜明けの黄昏
縁取られた希望
幻影の森と機械の海
海底の色をした瞳
永遠が棲んでいる場所

正当性を手探る
日曜の夜は暗く、厳かに
閉ざされた水槽
食べ残した思いがのどにつかえるから
さよなら平穏な日々
逆さまの夜
4月1日の真実
埋もれた感情を掘り返す
荒れた指がなぞる輪郭
安息日に嘘はつけない

白い真夜中
寂しがりやの悪夢
不調和の糸を手繰り寄せ
正しいことだけじゃ息が詰まる
嘘つきの約束
二日遅れの奇跡
どろどろに蕩けた空
氷の水槽
泣けない魚
完璧な吐息

日曜日の嘘
一足遅れで訪れた安息日
限りなく白い空
Escape from Nightmare
雪解けと共に消ゆ
東の海は紺色に染まる
白を喰らう黒
太陽を喰らう月
凍てつく夜を超えて
はじまりも終わりも全て聞かせて

※Escape from Nightmare…悪夢からの逃走(脱出)